2006年02月26日

フィギア・エキシビション

アイススケートと言ったらエキシビションが楽しみだ。
SPやフリーと違い、それぞれが自分の好みの滑りをする。
フィギアの本来の姿はこういったものなのかもしれない。
北米ではアイスショーがかなりの人気で商売が成り立ってるらしいし。

以前、アメリカはフィギアで金メダルを獲得する事を
素直に喜べないと記事で読んだ事があった。
前回金メダリストのサラの事でそんな記事が書かれてたかな?
メダル獲得後、すぐプロになってしまうからだとの事。

話は戻って、このエキシビション。
今回は趣向が凝っていてかなり良かった。
荒川静香の演技も綺麗でアンコールが起きる程。
彼女はこうした演技がしたかったんだろうな、と思えた。

そして後半、ヴァイオリニストが氷上で生演奏しながらの
男子金メダリストのプルシェンコの滑り。
これが又素晴らしい。
女子は何もしなくても華があると思うが男子はそうではない。
しかし彼には華があった。

ヴァイオリンもとても良かったがそれに合わせての滑り。
彼はきっとどんな曲でも合わせる事が出来るんじゃないかな?
本当格好良くて何度も何度も見ている。
この場に居たならきっと興奮しまくりだったろう。

posted by たくあん at 14:53| 東京 ☔| その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荒川静香金メダルおめでとう

今回のオリンピックの注目はなんと言っても女子フィギアだった。
日本は安藤美姫を目玉として宣伝してたようにも思えたが
2004年世界チャンピオンの荒川静香が見事金メダルを獲得した。

昨夜、NHKで放送していた荒川静香の特集を見た。
そこでは世界チャンピオンになってからの苦労する姿が映っていた。

近年、採点方法が変わり今までと同じでは高得点が望めなく
違った滑りが必要になったらしい。
特に彼女の持ち味の美しい滑りは無視され、ジャンプやスピンの
技が高得点に繋がっていく。。。
得意の「イナバウアー」は点数には関係しない。
特にジャンプは点数が高い。
浅田真央ちゃんの点数が高いのもうなずける。

「不格好になってまで点数アップだけの技を増やすのは嫌」
そんな考えを崩さずに試行錯誤を繰り返しながらの金メダル。
かなり嬉しかった事だろう。

フィギアはオリンピック始まる前はそれほど熱を入れて見てなかったけど
これからは少し興味もって見るようになるかもしれない。
posted by たくあん at 14:41| 東京 ☔| その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。