2006年04月07日

冬眠制御たんぱく質発見

 冬眠を制御するたんぱく質の存在を、三菱化学生命科学研究所の近藤宣昭・主任研究員らがシマリスを使って突き止めた。
 冬眠中は、体の防御機能が高まるだけに、人への応用の道が開ければ、新しい病気の予防法や治療法の開発につながるとしている。7日付の米科学誌セルに発表する。
 近藤主任研究員らは、シマリスの肝臓で作られる特定のたんぱく質の血液中の濃度が、ほぼ1年周期で変動することを発見。さらに、このたんぱく質の血中濃度が、冬眠期には減少する一方で、脳内では逆に上昇することを確認し、冬眠特異的たんぱく質複合体と名づけた。
 冬眠中のシマリスでも、脳内でこのたんぱく質の働きを抑えると、冬眠が停止したという。
 冬眠は、寒冷期に体温を下げて、エネルギー消費を抑える生物現象。その期間中は、体の防御機能が高まり、通常時よりも血液循環が少なくても、脳や心臓が損傷を受けないほか、感染症に対する抵抗力も増すことが知られている。
 近藤主任研究員は「全く新しい病気の予防法、治療法に道を開く可能性がある」としている。


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060406i406.htm

人間を冷凍保存じゃなくても冬眠出来れば未来へ行けるかもね。
と言うか今の段階では生きたまま冷凍保存はやっちゃまずいけど。。。
そしてこの技術使えば火星に人を送りこむ事も可能かもね♪

posted by たくあん at 01:40| 東京 ☁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今夜の成績

milkpurin.jpg

172、148、135で合計455。
相変わらず悪い成績だけど段々わかりつつあるような気がする。
ジャストポケットに約10センチ程度のズレだと思うけど
これが中々決まらない。難しいなぁ〜

そしてヘッドピンをはずすと多くのピンが残る。
ボールの威力があり、角度ももあるので残りやすいのだ。

ちょっと回転力や角度も調整しながら試行錯誤しないとダメみたい。
中々手強いや。
今まで初心者向きのボールを使ってたんだろうなぁとしみじみ思う。

たくさんの練習はしたいけどお金かかるし、なにより腰がもたない。
やっぱり1週間で10Gが限界。
頭使いながら効率良く練習しなきゃ。

さて、風呂上がりに「超BIGミルクプリン」でも食べるか
posted by たくあん at 01:04| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。