2006年05月20日

ボウリングオフ

関西在住のマイミクの方が東京へ出てくる用事があると言うので
それならばとボウリングを一緒にやってきました。

関西方面でかなり投げ込んでいる様子で僕とは格が違うので
会うまでは緊張しまくっていましたが会ってみればとっても気さくな方で
ごく普通に、楽しく笑顔で投げる事ができました。
(でも微かに緊張はずっとしてました(^^ゞ)

途中、ジュースタイムを入れながらの5ゲーム。
お互い中々良いスコアは出ませんでしたが
お互いのボウリングを観察する事も楽しめたと思います。

相変わらず「モニターにボールがぶつかりそう」と言われましたが( ̄▽ ̄;)

それにしても、ボウリングに対する熱意が物凄いもので
やはり僕とは全然違います。
食事しながら2時間程色々お話をしましたが全て参考になる事ばかり。
ちょっと勉強させられました(^^ゞ

さすがに色々なプロと一緒に投げたり、
全国のボウリング場で投げているなぁ〜と。。。
2時間では全然物足りなかったです。
もっと色々なお話を聞きたかったです〜残念。

でも、とても楽しかった時間が過ごせました。
ありがとうございましたm(_" _)m
そしてプリンのお土産までありがとうございました。


僕はボウリング続けて約8年。
でも、ほとんど感性だけでやってきたのであまり理論を知りません。
スパットは見ないでの(ファールラインを見ながら歩きボールの軌道をイメージするだけ)、スパット理論なんて頭にもありません。
立つ位置と歩くコースだけ気をつける感じ。
でも、自分なりのリズムと感覚は磨いてきたつもり。

しかし、話しを聞いているとやはりまだまだだなぁと思う事ばかり。
もうちょっと真剣にやってみようかと気になってきました。

僕のボウリングは技術と言うより力です。
いや、技術も向上させたいのは山々なんだけど
力を抜く事をあまりしたくないと言うトコがあります。
(普通は力を抜けと言います)

軽く投げて綺麗に出るストライクは見ていて凄いなぁ〜と思うのですが
自分では力をある程度使いながら思いっきりピンを吹っ飛ばす、
その時の音とピンアクションが満足感を得られるのです。
そうでないとやった気がしないので(^^ゞ
野球で言えば投手が打者を力でねじ伏せた感覚です。

しかし、力に頼ってると中々うまくはいきません。
やはり技術の裏付けは必要です。
力と技術、その融合がうまくかみ合うようになるのは
一体いつになるのやら。。。
フォームの改良にかかってるとは思うのですが中々手強い。
あとはなんと言っても集中力(精神力)!

ある友人からは腰痛対策として軽く投げる練習をすれば?と
選手(?)寿命を長く続けていきたいんでしょ?と言われますが
体力の続く限りは今のスタイルで挑戦したいな。
あまり無理は出来ないんだけどねぇ〜(×_×)
その為には下半身強化は欠かせないだろうなぁ〜
posted by たくあん at 23:58| 東京 ☁| ボウリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。