2005年12月04日

洗車の傷、自然に消えます…日産とメーカー塗料開発

 日産自動車は2日、洗車などで生じる自動車ボディーの浅い擦り傷を自然になくす塗料「スクラッチガードコート」を開発した、と発表した。傷そのものが付きにくく、生じた傷も真夏の炎天下では、どんな色の車体でも1時間あればほぼ元通りになるという。
 世界初の技術で、洗車機の利用や草むらなどを走行した際にできる細かい擦り傷が気になるドライバーにとって朗報となりそうだ。
 4層になっている塗装の最表面に塗る塗料に、弾力性のある特殊な樹脂を配合。熱で塗料が柔らかくなることで復元を促進し、傷が消える仕組み。高密度構造にすることで課題だった耐久性も向上した。気温が高いほど復元が早く、真冬の北海道でも日なたに置けば、1週間ほどで傷が元通りになるという。
 内外の塗料メーカー5社と開発。日産は12月中旬にスポーツタイプ多目的車(SUV)「エクストレイル」に新塗料を施した特別仕様車を設定して発売する。購入後に新塗装を利用することはできないが、他の車種にも特別仕様車を広げる方針。


http://www.zakzak.co.jp/top/2005_12/t2005120326.html

どんな風になるのか見てみたいぞ〜
てかお店で試しに傷つけたりしたら怒られるのかなぁ〜(^^ゞ

posted by たくあん at 20:41| 東京 ☔| テクノロジー・新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。