2006年02月26日

荒川静香金メダルおめでとう

今回のオリンピックの注目はなんと言っても女子フィギアだった。
日本は安藤美姫を目玉として宣伝してたようにも思えたが
2004年世界チャンピオンの荒川静香が見事金メダルを獲得した。

昨夜、NHKで放送していた荒川静香の特集を見た。
そこでは世界チャンピオンになってからの苦労する姿が映っていた。

近年、採点方法が変わり今までと同じでは高得点が望めなく
違った滑りが必要になったらしい。
特に彼女の持ち味の美しい滑りは無視され、ジャンプやスピンの
技が高得点に繋がっていく。。。
得意の「イナバウアー」は点数には関係しない。
特にジャンプは点数が高い。
浅田真央ちゃんの点数が高いのもうなずける。

「不格好になってまで点数アップだけの技を増やすのは嫌」
そんな考えを崩さずに試行錯誤を繰り返しながらの金メダル。
かなり嬉しかった事だろう。

フィギアはオリンピック始まる前はそれほど熱を入れて見てなかったけど
これからは少し興味もって見るようになるかもしれない。
posted by たくあん at 14:41| 東京 ☔| その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。