2006年02月26日

フィギア・エキシビション

アイススケートと言ったらエキシビションが楽しみだ。
SPやフリーと違い、それぞれが自分の好みの滑りをする。
フィギアの本来の姿はこういったものなのかもしれない。
北米ではアイスショーがかなりの人気で商売が成り立ってるらしいし。

以前、アメリカはフィギアで金メダルを獲得する事を
素直に喜べないと記事で読んだ事があった。
前回金メダリストのサラの事でそんな記事が書かれてたかな?
メダル獲得後、すぐプロになってしまうからだとの事。

話は戻って、このエキシビション。
今回は趣向が凝っていてかなり良かった。
荒川静香の演技も綺麗でアンコールが起きる程。
彼女はこうした演技がしたかったんだろうな、と思えた。

そして後半、ヴァイオリニストが氷上で生演奏しながらの
男子金メダリストのプルシェンコの滑り。
これが又素晴らしい。
女子は何もしなくても華があると思うが男子はそうではない。
しかし彼には華があった。

ヴァイオリンもとても良かったがそれに合わせての滑り。
彼はきっとどんな曲でも合わせる事が出来るんじゃないかな?
本当格好良くて何度も何度も見ている。
この場に居たならきっと興奮しまくりだったろう。

posted by たくあん at 14:53| 東京 ☔| その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。