2006年03月22日

WBCが終ってみて思う事

見事日本が優勝して世界一になった事はホント嬉しい。
これがプロ野球の人気復活のきっかけになればいいなと思うのは
僕だけではないはずだ。
人気を取り戻すには色々な工夫も必要だとは思うけど。。。

さて、今回の野球世界一決定戦。
初めての試みだっただけに不備な点も多かったと思う。
そこでちょっと気付いた事を書いてみたいと思う。

まず、グループ分け。
グループ内の1位と2位がそのまま同じグループに入ったまま
上位へ進むので日本vs韓国が3試合もやるなんて事になる。
ちょっとこれはおかしいと思う。
やっぱり違うグループの勝者と戦うようにするべきじゃないか?

そしてかなり話題にあがった審判の採用方法。
今回はメジャーの審判はお金の問題があって使えなかったらしく
マイナーの審判を主に使ったようだ。
しかし、国際大会で使える腕の持ち主ばかりだったのか?
誤審を繰り返していた審判をそのまま使い続けるのも理解できないが
試合を行ってる国と同じ国の審判が試合を裁くというのも
普通はあり得ないと思う。

野球が普及してる国は限られてるがここはやはり国際試合で通用出来る
ライセンスを取得した者だけが裁く事が出来るようにするべきじゃないか?
でないとあのような誤審を繰り返す事にも繋がる可能性が生まれる。
そして裁くのは当然第三国の人間が行うべきだと思う。

最後に1番不満に思ったのは選手について。
もちろん代表となった選手達には何も不満はない。

今回、国代表と言う事に誇りを持たない人が大勢いる事に驚いた。
これはオリンピックの時にも気付いた事だが、出場を断る選手が多すぎ。

日本代表より自分のチームが大事と言うのは
国際試合と言う事に馴染みがないからなのか?
それともお金にならないから?ケガした時困るから?
自分がこの立場なら絶対断らないと思う。
やはり国の代表選手に選ばれるなんて名誉な事のはずだ。

優勝後、松中選手も言っていたが、この大会を見て
今後代表選手に選ばれる事を名誉に思い、
参加したがる選手が増えてくれれば嬉しいし一層盛り上がるはずだ。

野球界は自国のペナントレースが1番重要で国際大会は二の次。
きっとそんな状況なんだろう。
多分、アメリカでもそんな状況だったと思う。

しかしサッカー界は全くの逆だ。
海外のチームへ選手が行ってもしまっても
反対するどころか修行だと思って皆が声援を送る。
(野球界ではメジャー流出を防ごうと躍起になっている)
そして国際大会の時には日本代表となり活躍してくれるようになる。
サッカーの世界ではワールドカップ優勝が最終目標なのだ。

国際大会の運営においてはサッカーはかなり進んでいる。
今後はサッカーの仕組みを勉強して次回の大会を開催して欲しいと思う。
posted by たくあん at 22:30| 東京 ☔| 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。