2006年06月03日

世界遺産 ナスカ展 地上絵の創造者たち

今日は暇な時間があったので上野の国立科学博物館へ見に行ってきた。
ずっと行こう行こうと思いつつ中々行けなかったのだ。

やっと行ってみると現地はもう行列。
1時間待ちとの事。
でも、次となるといつ来れるかわからないし、もうすぐ終ってしまうし
結局は並ぶしかない。

ナスカと言えば地上絵。
で、疑問に思ったんだけど一体何を見せてくれるんだろ?
地上絵なんて無理だもんね〜(笑)
1時間並んで入ってみるとそこもまた大勢の人だかり。。。(ー'`ー;)

展示してあるものはメインが土器だった。
様々なデザインの器が展示されていた。
しかもそのデザインが可愛い(*^-^*)

以前、友達に言われて気付いたけど「さくらももも」の絵に
どこか共通するものを感じる。
ちなみに僕は「さくらももも」が好き♪

またミイラも展示してあった。
そのミイラは珍しい事に瞳が残っていて(冷凍〜乾燥した為と予想される)
初めてミイラと目が合ってしまった(^^ゞ

面白い展示としてナスカの地面をそのまま持ってきていて、
強化ガラスで上を囲ってその上を歩ける疑似体験(笑)

そして1番のメインはバーチャルシアター。
上空からの地上絵を見れる映像を楽しむ事が出来る。

自分で操作するコーナーもあったけど、そこはゲーセンみたく子供達が占領していた。
あのコントローラーは懐かしいファミコンのモノにそっくりだ。

最後にお土産コーナー。
何でも有りの面白いお土産に、ナスカ金太郎飴やナスカ饅頭もあった(笑)
さすがに笑ってしまいそうだけど誰か買った人はいるのかな?

posted by たくあん at 23:13| 東京 ☁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。