2006年08月18日

勝利への執念&運

今日は一日中ずっと好きな高校野球を見てました。
途中昼寝もしてたけど。。。

まずは駒大苫小牧vs東洋大姫路。
もう途中まで駒大苫小牧の負けだと思ってました。
だって1安打しか打ってないんだし。。。

でも、6回にあれよあれよと思う間に同点。
7回には勝ち越しまでしてしまいました。

一気にムードは駒大苫小牧に傾きそのまま勝ちに。
もうこれは気持ちで勝利を勝ち取った試合でした。


第2試合は帝京vs智弁和歌山。
もうこれは帝京は負け試合でした。
でも、9回の最終回。
これもあれよあれよと言う間に同点、逆転、ダメ押しの3ラン。
ヒットも渋い当たりばかりで気迫で取った点です。
4対8と負けていたのに一気に8点を取りムードは一気に帝京へ。。。

しかし、投手に代打を起用していたため投手が残っていなく
9回に登板した選手は全て野手。
さすがに甲子園の準々決勝では通用しません。
と言うかストライクが全然入らない(>_<)

これでは勝ち目もなく最後は押し出し四球でサヨナラ負け。
最終回、逆転するには投手のトコで代打起用したいし、
でも、代打を出せば投手は居ない。。。
かなり悩んだ事だと思う。
結局、代打は3ランを生み成功したわけだが
その裏、野手ではやはり投手は務まらず負けてしまった。
もうこればかりは仕方なかったとしか言いようがない。


帝京は近所なだけにずっと応援していたけど
彼らの夏はこれで終わり。
なんとも言いようのない寂しい試合を見たと思う。
posted by たくあん at 01:39| 東京 ☁| 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。