2006年11月09日

日米野球最終戦

ずっと見れなかったんだけど最終日だけは録画して見ました。
和田は調子良かったね〜
きっと自信つけた事でしょう。

そして抑えの馬原のピッチングは見ていて気持ち良かった。
ライアン・ハワードにストレート勝負挑んでしっかり勝ってるし♪
9回には見事な連打で同点にしてるし面白かったなぁ〜
延長後の里崎の2塁打もエン2になってなかったら逆転だったもんね。

でも、楽天の投手になったら簡単にサヨナラ負け(>_<)
この前もそんなシーンあったんじゃなかったっけ?
何だかそんなシーンを見た記憶が。。。

結局、先発投手は一線級が出てれば良い試合になってるけど
中継ぎ、抑えで格下の投手が出てくればやっぱり打たれて逆転されてしまう。

辞退者25人だなんて言われた今回の日米野球。
そんなに出たくない人ばかりだったらやる意味ないね。
今回のアメリカは気合い入れてきてるって話しだったけど
これじゃ相手に対して失礼だし、お客さんだって呼べないよ(ー'`ー;)

最近はアジア大会もあってたしかに日程は厳しいけどさ〜
でも、それなら日本シリーズに出るチーム以外から選出すれば良いだけであって
何も問題ないと思うんだけど。。。
そう考えると小笠原なんて凄くエライよね。

さて、今夜からはアジアシリーズ。
まだまだ野球の楽しみは続きます。
posted by たくあん at 18:04| 東京 ☀| 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。