2005年05月01日

ベルリンの至宝展

今日は再び上野へ。
国立博物館で開催されているベルリンの至宝展を観に行くためだ。
途中、凄い行列。。。恐竜博2005の入場者達だ。
やっぱり恐竜博は平日に来て良かったわ〜最後尾で50分待ちとプラカードが出てる。

さて、東京国立博物館へ到着。ここへ来るのは5年前のエジプト展以来だ。
今年は日本におけるドイツ年との事で開催されているようだ。
しかもドイツで博物館を新しくするとの事で普通は海外へ出ない貴重なモノまで
見る事ができる。

今までこうした○○展には何度も行った事はあったけど今回初めて音声ガイドを借りた。
使ってみての感想は「凄くわかりやすいわ〜」
しっかり解説してくれるので聞きながらじっくり見る事が出来る。
子供用には鶴田真由がガイドを担当している。これも聞いてみたかったな(^_^;)

エジプトの出土品を見たいがために来たのだがラファエロやボッティチェリの絵もあり
普通では見る事の出来ない物が多数に見れたので満足できた。

ついでに表慶館の写真を撮り(中を見る事が出来なかったのが残念)、法隆寺宝物館では飛鳥時代の国宝や重要文化財もたくさん見る事が出来た。
この法隆寺宝物館には資料室があり、PCや本で自由に資料を見る事が出来るようになっていた。日頃、ここでは税金の無駄遣いについてよく書いていたけどこういった事にお金を使ってくれるのは嬉しい。

じっくり見学した後は又別の目的地へ向かった・・・。





posted by たくあん at 23:38| 東京 🌁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。