2005年05月06日

新種の恐竜化石を発見

http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/science/news/20050505k0000m040150000c.html

 米ユタ州の白亜紀前期(約1億2500万年前)の地層から、新種の恐竜化石が見つかり、米ユタ地質学調査所などの研究チームが5日付の英科学誌「ネイチャー」に発表した。テリジノサウルス類の仲間で、歯や骨盤の特徴から草食性だった可能性が高く、研究チームは「テリジノサウルス類は肉食恐竜とされてきたが、この新種恐竜は肉食から草食へ進化する途中の存在だったようだ」と分析している。

ミッシングリングじゃないけど変化の過程の恐竜化石の発見とは興味深い。
今後の研究に期待。

今は上野で恐竜博もしてる事だしもっと大きく取り扱われるかと思ったけど
全然そんな雰囲気じゃないみたい。残念。

恐竜博はあんなに盛況なのにこうしたニュースの取り扱いは低い。
エジプトで吉村先生が大発見した時なんて日本のメディアだけは現地へ行かなかったし。
(外国からはたしか40ヶ国来たとか言ってたかな)
野次馬的なニュースはしつこい位やるけど、こんな事もメディアは取り上げて欲しいな。

posted by たくあん at 01:46| 東京 ☁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。