2005年05月08日

しっぽ付き卵

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050508k0000m040033000c.html 
 
 茨城県総和町の茶園経営、吉田正之さん(62)方で、飼育している鶏が変わった卵を二つ産み、近所の話題になっている。
 普通の大きさの有精卵だが、長さ約5センチの“しっぽ”付き。22羽のうちの1羽が5〜6日に産んだらしい。吉田さんも「子どものころから鶏を飼っているが、こんな形は見たことがない」と不思議そうな顔。



不思議大好き人間にとってこういう話題って何だか嬉しい(*^_^*)
posted by たくあん at 13:51| 東京 🌁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。