2007年05月02日

星になった少年

簡単に言うとタイで修行してきた日本人初の象つかいの少年のお話。

連休中に何か1つは映画を観たいと思ってたんだけど
ちょうどCSでこの映画を放送してたんで見る事が出来た。

少し泣けてしまう映画だねぇ〜(T_T)


以前、「志村どうぶつ園」でこの少年が育てた子象の
「ランディ」を紹介していた
このランディは少年が亡くなり霊柩車で運ばれていく時に
車を追いかけていたシーンが放送されていた。
その時、両親と一緒に見ていたんだけど危うく涙を見せそうになった(^^ゞ
(親には涙なんか見せたくないし)

そのランディは何年も経った今でもこの少年の事を覚えている。
写真を見せ、声を聞かせ、そして調教棒も全て懐かしそうにしていた。
その仕草がとっても健気で心打たれました。

そんな事を思い出しながら映画を観ていたので
やっぱり一層悲しくなるね。

↓では少年のお母さんのインタビュー記事が載ってます
http://japan.discovery.com/we/we005/index.html


そうだ、この連休中に友達のお墓参りに行ってこなきゃ。


posted by たくあん at 02:37| 東京 ☔| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。