2005年06月18日

2つの頭持つヘビ見つかる 

snake.jpg

 埼玉県寄居町桜沢の大谷進さん方の庭で17日、二つの頭を持つ珍しいヘビが見つかった。
 体長約30センチのアオダイショウの幼蛇。日本蛇族学術研究所(群馬県太田市)によると、一卵性双生児が発生段階で完全に分離しないまま成長した奇形とみられ、非常に珍しい例という。


http://www.asahi.com/national/update/0617/TKY200506170314.html

凄いね〜八又の大蛇なんてのは聞いた事あるけど(神話)これは2又の蛇か〜
環境の影響で・・・って事じゃなければいいけどね。
どんな動きするのか見てみたいな〜
posted by たくあん at 08:47| 東京 🌁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。