2007年10月12日

WBCフライ級タイトルマッチ 内藤大助vs亀田大毅

071011内藤.jpg

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は11日、東京・有明コロシアムで行われ、チャンピオンの内藤大助(宮田)が同級14位の亀田大毅(協栄)に3−0の判定勝ちし、初防衛に成功した。
 33歳1カ月の内藤は、徳山昌守が持つ日本ジム所属選手による世界王座防衛の最年長記録、31歳5カ月を大幅に更新した。
 18歳9カ月と5日の亀田大は、日本人最年少での世界王座奪取はならなかった。
 戦績は内藤が32勝(現在20KO)2敗2分け。亀田大は10勝(7KO)1敗。
 日本人同士による世界タイトルマッチは、ことし4月の世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級王座統一戦、新井田豊対高山勝成以来だった。

内藤が日本王者だった2年前から、内藤と亀田3兄弟の長兄、興毅や大毅との間で、対戦をめぐって挑発や舌戦が繰り広げられてきた“因縁の対決”。序盤、亀田はガードを固めて低い姿勢で前へ出る。対する内藤は距離をとって手数を出す展開。パンチらしいパンチを出せなかった亀田は2回終了間際、両手を広げ、舌を出して内藤を挑発した。
 オープンスコアリングシステムにより、4回終了後に採点の途中経過が発表。内藤3−0リードに客席から歓声が上がった。
 5、6回も内藤が距離をとって手数を稼ぎ有利に試合を進める。
 3回に切れた内藤の右目尻からの出血が、7回に一時的に多くなり、ドクターがチェックしたが、試合は続行された。
 8回終了後、2度目の途中経過発表で、判定なら内藤の勝利が明確に。直後の9回、亀田はクリンチ中に内藤を投げ倒す。内藤もレフェリーがブレークした際、亀田の後頭部を殴り減点1と取られるなどエキサイトした展開になった。
 その後も内藤が自分の距離から手数を稼ぐ一方、亀田は有効打を当てられない、ほぼ一方的な展開。最終12回に亀田は、クリンチの際に内藤を投げ倒し、減点。直後に、今度は意図的に投げようとし、減点合計3とされるなど、自暴自棄になった。


http://www.sanspo.com/sokuho/071011/sokuho043.html#s


やったね(o^-')b
内藤選手が国民の期待に応えてくれたよ♪
亀田大毅は「切腹」をどうするんでしょうか?

格下で実績も無い若造がチャンピオンに向かって
「ゴキブリ」発言した事は有名だけど見事に負けたね。

途中、かなり亀田はいらついてたように見えたけど
あれは内藤のうまさだろうな〜

1R見てて内藤に力が入りすぎて固くなってるのが見え見えだったけど
試合が進んでいくうちに内藤は徐々に動きが良くなっていた。
一方亀田はガードを固めて前に出るだけ。
あれじゃポイントはつかないよね。

しかし最終ラウンドの亀田は何だ?プロレスか?
どっかでボクシングvsプロレスの異種格闘技だと書いてる人がいたけど(笑)

いくらエキサイトしていたとしてもあれはひどすぎる。
反則負けにしても良いんじゃないか?
反則負けにはならなかったが何かしらの処分は下されるだろうな。


今はYouTubeに面白い動画がアップされている。
http://jp.youtube.com/watch?v=WUV-OcmF5U0

亀田父「このままやったら勝たへんやろ、わかってるやろ。なぁ金玉打ってまえ」
興殻「大殻、肘でもいいから眼いれてやれ。」

こんな風に言ってるように聞えます。
これはテレビ画像だから全国ネットで反則行為を暴露してた事になるね。

今回も内藤はローブローを何回も訴えていたけど
ここの兄弟はいつもローブローが多すぎるんだよな。
あれはやっぱり確信犯だったのか?

この動画を何度も見てるうちに過去の反則行為の疑惑が確信に変わってきたぞ
posted by たくあん at 01:35| 東京 ☁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。