2007年12月16日

大晦日の格闘技

やれんのか!大晦日!

中々決まらなかったヒョードルの相手がチェホンマンに決定したようだ。
噂には出てたけどまさか本当にこうなるとは。。。
出来ればシュルトとの対決を見たかったなぁー
K−1では敵無しのチャンピオンだもんね。
じゃなかったらジョシュ・バーネットとの初対決も期待したんだけど。

でも、チェホンマンもそれなりに期待は出来そうな気もしないでもない。
チェホンマンはシルム(韓国相撲)の出身だしきっと腰は重いはず。
ヒョードルでも倒してパウンドはちょっとキツイか?
体格差もかなりあるしね。

以前のズールの時のように簡単に決着が着く可能性もあるけど
チェホンマンの実力は未知数だから何とも言えないね。

青木vsカルバンは誰でも超楽しみにしてるだろうけど
青木が勝てば思いっきり盛り上がるだろうなー
青木君、頑張れ!

あとは例のヌルヌル事件を起こした秋山の国内復帰試合の対戦相手に
三崎選手が決定。

秋山の批判がかなり多いよね。
あんな反則を犯してるし(実は柔道家の時もね)当たり前だけど。

でも、実際の実力はあると僕は思う。
敵対心があって実力なんか無い!と言ってる人は多いんだけどさ。
三崎とでは秋山が勝つような気がするな。

プライドの英雄でもある桜庭をあんな反則で潰した事もあって
きっと会場ではブーイングが凄いと思う。
本来は現役復帰する前に桜庭にしっかり謝罪すべきなんだけど
謝罪したって話しは聞いた事が無い。
亀田の時も書いたけどこういう時にしっかり対処しないと
いつまでも色々言われるのがわからないんだろうな。
と言うか人間的に謝るべきじゃん。


さて、大阪でのダイナマイト!

こちらではミノワマンとズールの対決が決定。
ミノワマンは体格差のある選手との対決が多い気がするな。
彼の事だから色々楽しませてくれるでしょう。
プライドファンは大晦日だけでも東京で〜と訴えてます(笑)

ボブサップ対ボビーオロゴン。
こーいうのは谷川が好きそうだなぁ(笑)
あ、青木vsカルバンを実現させてくれた恩人を悪く言ってはいけないか(^^ゞ
きっとお茶の間では楽しみにしてる人もいるかもしれません。
いやいや、格闘技ファンもきっと注目してます!(?)

桜庭vs船木も2000年頃だったら面白かった気もするなー
当時は桜庭の全盛期だったけど今は・・・だもんね。
あの頃を知ってた者からすれば今の姿は痛々しい(T_T)
本当に強かったし、期待させられる選手だったんだよ。

彼の輝きが消えてきたのにはプライドのルール変更もあったと思う。
4点ポジションでの頭部への打撃がOKになって
それから負け込んでるんじゃない?
彼は足への低いタックルが得意だからルール改正後は結構厳しかったはず。

プライドによって輝きを見せ、プライドによって輝きを失った。
そんな選手のような気がしてならない。
最後は喧嘩別れみたいになってしまったし。。。

この船木戦は興味はあるけど2度目の桜庭vsホイスのような試合にならない事を祈る。


格闘技って試合は楽しみだけどやる前から色々と想像する事も楽しい♪
好きな物を買うときと同じような感覚なのかも。
欲しい物を買う時も買う前からわくわくしてるしね。
posted by たくあん at 01:04| 東京 ☀| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

K-1 WORLD GP 2007 FINAL

二次会を終えて帰宅後はK-1の録画観戦。
今回もいつものようにDVDを期待してくれる方々がいるので
編集しながらの観戦です(笑)

最近K-1は見逃す事も多かったんだけどつまらない試合が多いのも事実。
だけどこのベスト8の戦いだけは本当に面白い。
ちょっとマンネリ化してる気もするけどね。

それにしてもシュルトは強すぎだなー
トーナメントになると体力とダメージの問題もあるし余計に強さが際だつ感じ。

レミー、情けないぞ〜
いつも応援してるのに〜

決勝は大方の予想通りのアーツ対シュルト。
シュルトに勝てるのはアーツだけと魔裟斗は言ってたけど
たしかにそんな気はする。
以前、韓国大会で勝ってたよね?

だけど残念ながら(?)アーツは負けてしまいシュルトは初の3連覇を達成。
おめでとう〜

しかし、バンナとアーツは何だか勿体ない負け方してたな。
ダウンする時に足を捻ったのかな?

あと残る格闘技の大会は大晦日だけだなぁ〜
これはもっと楽しみ♪
posted by たくあん at 23:10| 東京 ☀| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

亀田大毅に1年間のライセンス停止

ん〜とりあえず現状で考えられる剥奪に次ぐ1番厳しい処罰になったね。
最初は何も処罰する予定は無しとコメントしていた事からすれば大きな違いだが
世論がこう騒がなければ何も無かったのかと思うとちょっと残念な気もする。

でも、本来は自ら引退すべきじゃないのか?
だって「負けたら切腹する」と言っていたじゃん。

それは試合に臨む覚悟のつもりで言っていたのかもしれないけど
そこまでの覚悟を口に出して言うのだから一から出直すなんて言うのはおかしい。
と言うより恥ずかしくないのか?

ボクサーの寿命は短い。
誰もが人生をかけて戦っているはずだ。
だけど「負けたら切腹する」なんて言葉を軽々しく言う奴は普通いない。
「次を負けたら引退か?」
誰もがそんな気持ちを常に心に秘めたまま戦っているのだ。

仮に出直すのなら「切腹」について説明すべきだし、
度重なる反則行為についても内藤選手には謝罪すべき。
そして関係者各位とファンにもしっかり謝罪するのが筋。
そうすれば多少の株も上がると言うもの。
若いから仕方無いで済む程度の問題では無い。

もし亀田次男が勝った場合、内藤選手には
「切腹する覚悟も無い奴が俺に勝てるはずもない。だからお前は弱いんだ」
こんな事は当然言っていただろうと思う。
だからこそ、適当な発言でごまかす態度が許せない。

オヤジも今回の処分でしばらく表舞台には立てなくなるし、
少しは静かになるだろう。
兄貴はどうなんだろ?厳重戒告処分の内容が良くわからない。
とりあえず予定してた試合もなくなったしな〜
三男の今後はどうなんだろ。
イマイチ先が見えない。


元々彼らは前のジムから追い出されて、協栄に拾われた身。
そして恐い関係者さん達とも付き合いがあると噂されていた。
実際リングサイドにはあっち系の姿が映っていたし
長男のタイトルマッチは恐いお方の誕生日だったしね。
亀田一家は元々胡散臭い奴らだったのだ。
そんな事はTBSも知ってるんだろうけど。。。

TBSは亀田の売り出しには成功したけど今後、亀田家の扱いがどうなるのか。
そこらも気になるトコだ。
HERO’Sにも言えるけど格闘技をバラエティにしないで欲しい。
そこら辺は亀田に限らず局の方針がイマイチ理解出来ない。
格闘技ファンと言うより一般大衆を相手にしてるんだろうけどね。
posted by たくあん at 00:52| 東京 ☀| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

WBCフライ級タイトルマッチ 内藤大助vs亀田大毅

071011内藤.jpg

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は11日、東京・有明コロシアムで行われ、チャンピオンの内藤大助(宮田)が同級14位の亀田大毅(協栄)に3−0の判定勝ちし、初防衛に成功した。
 33歳1カ月の内藤は、徳山昌守が持つ日本ジム所属選手による世界王座防衛の最年長記録、31歳5カ月を大幅に更新した。
 18歳9カ月と5日の亀田大は、日本人最年少での世界王座奪取はならなかった。
 戦績は内藤が32勝(現在20KO)2敗2分け。亀田大は10勝(7KO)1敗。
 日本人同士による世界タイトルマッチは、ことし4月の世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級王座統一戦、新井田豊対高山勝成以来だった。

内藤が日本王者だった2年前から、内藤と亀田3兄弟の長兄、興毅や大毅との間で、対戦をめぐって挑発や舌戦が繰り広げられてきた“因縁の対決”。序盤、亀田はガードを固めて低い姿勢で前へ出る。対する内藤は距離をとって手数を出す展開。パンチらしいパンチを出せなかった亀田は2回終了間際、両手を広げ、舌を出して内藤を挑発した。
 オープンスコアリングシステムにより、4回終了後に採点の途中経過が発表。内藤3−0リードに客席から歓声が上がった。
 5、6回も内藤が距離をとって手数を稼ぎ有利に試合を進める。
 3回に切れた内藤の右目尻からの出血が、7回に一時的に多くなり、ドクターがチェックしたが、試合は続行された。
 8回終了後、2度目の途中経過発表で、判定なら内藤の勝利が明確に。直後の9回、亀田はクリンチ中に内藤を投げ倒す。内藤もレフェリーがブレークした際、亀田の後頭部を殴り減点1と取られるなどエキサイトした展開になった。
 その後も内藤が自分の距離から手数を稼ぐ一方、亀田は有効打を当てられない、ほぼ一方的な展開。最終12回に亀田は、クリンチの際に内藤を投げ倒し、減点。直後に、今度は意図的に投げようとし、減点合計3とされるなど、自暴自棄になった。


http://www.sanspo.com/sokuho/071011/sokuho043.html#s


やったね(o^-')b
内藤選手が国民の期待に応えてくれたよ♪
亀田大毅は「切腹」をどうするんでしょうか?

格下で実績も無い若造がチャンピオンに向かって
「ゴキブリ」発言した事は有名だけど見事に負けたね。

途中、かなり亀田はいらついてたように見えたけど
あれは内藤のうまさだろうな〜

1R見てて内藤に力が入りすぎて固くなってるのが見え見えだったけど
試合が進んでいくうちに内藤は徐々に動きが良くなっていた。
一方亀田はガードを固めて前に出るだけ。
あれじゃポイントはつかないよね。

しかし最終ラウンドの亀田は何だ?プロレスか?
どっかでボクシングvsプロレスの異種格闘技だと書いてる人がいたけど(笑)

いくらエキサイトしていたとしてもあれはひどすぎる。
反則負けにしても良いんじゃないか?
反則負けにはならなかったが何かしらの処分は下されるだろうな。


今はYouTubeに面白い動画がアップされている。
http://jp.youtube.com/watch?v=WUV-OcmF5U0

亀田父「このままやったら勝たへんやろ、わかってるやろ。なぁ金玉打ってまえ」
興殻「大殻、肘でもいいから眼いれてやれ。」

こんな風に言ってるように聞えます。
これはテレビ画像だから全国ネットで反則行為を暴露してた事になるね。

今回も内藤はローブローを何回も訴えていたけど
ここの兄弟はいつもローブローが多すぎるんだよな。
あれはやっぱり確信犯だったのか?

この動画を何度も見てるうちに過去の反則行為の疑惑が確信に変わってきたぞ
posted by たくあん at 01:35| 東京 ☁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

K-1 WORLD MAX 2007 決勝戦

今夜は帰ってきたのが少し遅かった為に追いかけ再生しながら
しかもチャプターを打ちながらの観戦でした。

では軽く感想を。。。


まずは魔裟斗の試合。
おおぉ〜ブアカーオからダウン奪ったよ〜♪
今年の魔裟斗は気迫が違うな〜

そして佐藤。
彼の試合はいつ見てもつまらないんだけど今夜は違った。
クラウスとの試合、折れない強い気持ちで戦ってるのがよく伝わった。
やっぱり試合はあーじゃなくちゃね。

淡々と冷静に戦ってるだけではファンからすれば物足りない。
たとえ実力があったとしてもね。
まぁ、玄人好みかもしれないけどさ。
結果は残念。でも、今後の姿が楽しみになってきたぞ。

2回戦でのクラウスとサワーの対決も注目だったけど
1回戦のダメージの差が出たかなぁ〜
それにしてもサワーは強い。

決勝は魔裟斗vsサワー。
いきなり魔裟斗は仕掛けて行くけどサワーはしっかり対処。
しかもローキックが強烈すぎ〜
クラウスと戦ってる時もそうだったけどローキックが本当に強い。

結局は3R目で魔裟斗は立てなくなりタオル投入。
魔裟斗は残念でした。
さすがにブアカーオとやってサワーとの試合はキツイか。
なんたってMAXのトップ2だもんね。

魔裟斗とサワー、お互い元気な時に戦わせてみたかったな〜
でも見た印象からすればサワーの方が1枚上手かな?


今回はそれぞれ気迫が今まで以上に伝わってきたし良い大会だったなぁ〜
やっぱり格闘技はこうでなくちゃいけないね。


さていつも恒例のTBS批判(笑)

ダイジェストや控え室放送するならカットした1R位の時間はあったぞ
余計な編集映像はいらないのでなるべく多くの試合を見せてください。

と言うかTBSチャンネルで生放送してよ〜
編集されないままの試合を見たいと思います。
posted by たくあん at 01:09| 東京 ☁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

K-1 WORLD GP 2007 IN SEOUL FINAL16

070930K-1.jpg

最近、K−1を見逃す事が多かったのですが先日K−1のCMを見かけて
今回はしっかり見逃さずにすみました(^。^;)ホッ

久しぶりにしっかりK−1見たけど面白いじゃん♪
いや、予選大会がつまらないだけか?
本戦は格が違うんだろうね。


第1試合
キム・ヨンヒョンvs柳澤 龍志

何だかすごくつまらない試合だったので早送りしながら観戦(笑)
地上波ではカットされただろうなぁ〜
ま、本戦では無いし。。。


第2試合
バダ・ハリvsダグ・ヴィニー

相手のグローブのワセリンに気付くなんて冷静だなぁ〜
順当にバダ・ハリが勝ちましたね。
彼の試合は派手に動きがあるから面白い。


第3試合
セーム・シュルトvsポール・スロウィンスキー

ホーストの1番弟子のポールがどう戦うか興味ありましたが駄目でしたね〜
ちょっとジャブを素直にもらいすぎ〜
と言うかちょっと戦うにはまだ早すぎじゃないかな。


第4試合
レミー・ボンヤスキーvsステファン“ブリッツ”レコ

個人的にはこれが1番興味あった試合。
レミーの久しぶりに飛び回ってる姿が見れて嬉しいね〜
やっぱり彼はあーじゃなくっちゃ。
ちょっとストップが早い気もしたな。

関係無いけど最近、毎朝同じ電車に乗ってる人がレミーそっくり(笑)
つい、本人か聞きたくなってます(^^ゞ


第5試合
グラウベ・フェイトーザvsハリッド“ディ・ファウスト”

クラウベの方が全然強いんじゃないの?なんて思っていたら
ハリッドも強いじゃん。気持ちが強くて見ていて楽しい。
良い試合でした。
趣味でやってるだけのクセに何故ここまで強いんだ?


第6試合
ジェロム・レ・バンナvsパク・ヨンス

カラエフが交通事故にあったらしく急遽パク・ヨンスに決まったカード。
テコンドーのチャンピオンだけど格が違いすぎでしたね。
腕のボルトも取れたようだし完全復活かな?


第7試合
藤本 祐介vs澤屋敷 純一

あんまり興味なかった試合(笑)
澤屋敷が勝つかなぁと思ってたら鼻を折ってしまったらしく血が止まらない。
でも、最後は自力の差(?)が出て結局は澤屋敷の勝ち。
藤本はだらしないなぁ〜
ここらで本当の世代交代なんでしょう。


第8試合
ピーター・アーツvsレイ・セフォー

セフォーはどこか具合悪かったのかな???
しかし、アーツは元気だね〜
まだまだ現役だって事を見せつけてくれましたね。


第9試合
チェ・ホンマンvsマイティ・モー

ん〜これはかなり後味悪い試合でした。
マイティ・モーがローブローを喰らったと申告して試合が中断、
その後手をついたらいきなりダウン宣告。
ちょっとおかしくない?
ローブローを認めてないなら中断みたいな事はしないのでは?

あれは完全にホームタウンデジションでしょ。
いくら人気あったとしてもあれはひどいな(-_-メ)
ちょっとあからさますぎ。。。

最後のメインイベントがこれじゃぁなぁ〜
これで喜んでる人もちょっと。。。
posted by たくあん at 09:36| 東京 ☔| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

HERO'S ミドル級トーナメント決勝戦

戦跡調査〜ボウリングときて最後は格闘技観戦です。
最近の主な趣味を1日に3つこなすのは結構ハード(笑)
ボウリングから帰ってきたのが11時頃なので録画観戦です。

さて、今回も軽〜く書いてしまいます(笑)

まずは桜庭が勝てて良かった(o^-')b
柴田ってどうも嫌いだし(笑)
鈴木みのるそっくりだし、あーいうキャラは嫌い。
何だか単なるカッコつけにしか見えないんだよね〜
だから亀田次男みたいなのも嫌い(笑)

あとはKIDの試合は何???
途中、KIDは苦笑いと言うか呆れ顔してたよね。
審判バカなんだもん(笑)
ドントムーブは良いけど再現不可能なものまでやらせないでよ〜
フェルナンデスは強かったし試合は面白かった。

あと、この試合に関して言えばKIDの顔のアップが多すぎ。
何度も書いてるけど顔見るんじゃなくて試合を見たいんで。
相変わらずTBSは何を考えてるんだか理解出来ない。

トーナメントはカルバンの2連覇。
やっぱり強いなぁ〜
でも、ジダも相当強いぞ。
今後が楽しみ♪


今回、全然予備知識が無かったんだけど宮田も試合あったんだね。
しかも1分位で終ったみたい。
それなら時間作って試合見せてくれれば良かったのになぁ〜

あとハリトーノフが移籍してたのは知ってたけどオーフレイムまで移籍してたとは知らなかった。これも見れなくて残念(T_T)


今回TBSのカメラが下手なのは相変わらずだなぁと再認識。
何でもっとひいて映さないんだろ。
最近はTVも大きくなってるんだし、あんなアップは必要ないぞ。
技が良く見えない事も多いし。
それに以前から薄々感じていたんだけどレフリーが邪魔で見えない事が多い(笑)

まぁ、無駄な編集が減っただけでも良しとしないとね(^^ゞ
posted by たくあん at 21:13| 東京 ☁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

K-1 WORLD GP 2007 IN LAS VEGAS

オランダ、香港と連続で見逃していたけど
ラスベガス大会は録画しておいて昨夜やっと見る事ができました。

でもなぁ〜何だかイマイチだったかな?
昼間の疲れもあったけど途中で寝てしまってたし(^^ゞ

セフォーもモーもイマイチ良いトコが発揮出来なかったね。

ヘビー級は最近ちょっとつまらないや。
やっぱりMAXの方が見ていて面白い。
posted by たくあん at 12:03| 東京 ☀| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

K-1 WORLD MAX 2007 [世界一決定トーナメント開幕戦]

昨夜はボウリング終えた後、急いで帰宅。
もちろんK−1MAXを見る為♪

最近は、プライドはないし、UFCは放送してない、
先日のK−1は見逃したとあってかなり期待してました。

そんな期待通りの内容でかなり興奮しました〜♪
結果はほぼ予想通りの結果となりましたが
やっぱりK−1MAXは面白いや。

魔裟斗の試合も緊張しながら見てたけど面白かったなぁ〜
畑山は「余裕でしょ」みたいなコメントだったけど本当にそう?
一発もらったら危険だったし、最後まで目が離せなかったんだけど。

深夜遅くまでTV観戦で、つい音量も上げてしまっていたので
久しぶりにヘッドホンを使ってました(^^ゞ
1年程前に買ったそれなりに高いヘッドホンだったけど
やっぱりTVとは比較にならない位に良く聞こえる(当たり前)。
たまにはこれでCDでも聴いてみるか。

さて、今回は珍しくTBS特有のおバカな編集は少なめ。
今後もこんな感じだったら許してあげよう(笑)
でも、やっぱり見ていてちょっと不満もある。

毎回不満に思うのがカメラワーク。
もうアップしすぎなのだ。
いちいち顔のアップもそんなにいらないよ。

試合中、選手は常に動いてるのでカメラも小刻みに動く。
いや動きすぎ。これがどうも目に優しくない。
もちろんスイッチャーも下手。
そして動きがわかりにくい。
全体の流れってものがあるんだからこれを理解して欲しいな。


最近、薄型大型テレビが流行ってるけど、そんなTVで見るならば
きっと今の僕以上に不満は出る気がする。
特に液晶TVなら顕著じゃないかな?

液晶TVの弱点は動きのあるものに対しての反応速度にあると言われてる。
最近では各社対応してきているけど。。。
でも、僕の見た感じではカメラがパンした時が1番弱いと思う。

昨夜のTBSのようなカメラワークでは綺麗に映らない気がする。
実際に僕は持ってないので確認出来ないんだけど大丈夫かなぁ?
いずれ買う事になると思うけどどうも心配(^^ゞ
posted by たくあん at 13:08| 東京 🌁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

Dynamite!!USA

ボクシングを見た直後は総合ルールのDynamite!!USA

所の試合がローキックで始まる。
あれ?ローキック???あ、良いんだっけ・・・と
今までボクシングを見続けたので違和感がぬぐえず中々目が慣れない(笑)

所の試合は目まぐるしく試合が展開するので見ていて楽しい。
試合は腕十字で所の勝利。
うまかったなぁ〜

その他の試合もそれなりに面白い試合もあったけど何かイマイチ。。。
大会全体に盛り上がりにちょっと欠けてました。

そして相変わらずお馬鹿なTBSがやってくれました。

本大会の試合をカットしてずっと以前のボブサップvsノゲイラを放送。
一体何の為に本大会をカットしてまで昔の試合を放送したのか
全然意図が読めません。
クレームの嵐になったりしないかなぁ?

編集した映像ばかり流して肝心の試合を放送しないのがTBS流。
その意図は何なのか本心を聞きたいといつも思う。

視聴者に試合を見て楽しんでもらいたいと思っておらず
編集技術を見てもらいたいと思ってるのでしょうか?
まぁ、大した編集してるわけじゃないけど。。。(笑)


そしてメインの桜庭vsホイス。
(本当はセミファイナル)

これも何か盛り上がりに欠けたなぁ〜
いや、もう衰えが目立つだけに再戦はしなかった方が
良かった気はするけど戦うなら気になるだけにどうしても見る(笑)

判定でホイスの勝ちになったけどどうかなぁ?
まぁはっきりと優劣ついた試合じゃなかったけどね。
見終えてすっきりしなかったわ。

少し楽しみにしてた大会だけど終ってみればやっぱり満足いかない
そんな大会でした。


あ、そうそう思い出した。
所が勝利した後、リングにはYOSHIKIの姿があった。
あれが1番驚いた事かも(笑)

ロッドマンの事や復活の事もあるし宣伝なんだろうけどね。
posted by たくあん at 23:41| 東京 ☀| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イーグル京和が王者防衛 WBCミニマム級

070604ミニマム級タイトルマッチ.jpg

今夜は8時から放送だったので急いで帰ってきました。
挑戦者の八重樫が辰吉を超える7戦目でのタイトルマッチと言う事で
結構話題になっていました。

しかし、力の差は歴然。
チャンピオンは強かった。
スマートで良いお手本になりそうなボクシングでした。

2R、バッティングで八重樫のアゴがはずれてしまってたようですが
そんな状況で最後まで戦い続けた事は根性は凄い。
まだ将来が楽しみな選手です。

070602角海老S.jpg
大塚駅撮影した時にジムの姿も撮影してました



http://www.nikkansports.com/battle/f-bt-tp0-20070604-208743.html

<プロボクシング:WBC世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦>◇4日◇パシフィコ横浜

 挑戦者で同級6位の八重樫東(大橋)はタイ人チャンピオンのイーグル京和(角海老宝石)に0−3の判定で敗れ、世界王座奪取の日本最短記録更新はならなかった。京和は4度目の防衛に成功した。
 世界初挑戦の八重樫はプロ7戦目で初黒星。世界王座奪取の日本最短記録(8戦目)は辰吉丈一郎(大阪帝拳)名城信男(六島)が持つ。八重樫の戦績は7戦6勝(5KO)1敗。
 京和は、右肩の負傷による途中棄権でタイトルを手放した元王者時代を含めると通算5度目の防衛で、戦績は19戦18勝(6KO)1敗。
 日本のジムに所属する現役世界王者はWBCバンタム級の長谷川穂積(千里馬神戸)ら4人で変わらない。
posted by たくあん at 23:39| 東京 ☀| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

亀田TKO勝利 通算15戦15勝に

時間無かったので録画したのを適当に流しながら見てました。

しかし、相変わらず亀田長男は反則パンチ多いねぇ〜
頭突きはちょっと仕方ないトコもあるかもしれないけど
いくらなんでもローブロー多すぎでしょ。
明らかにトランクスの上を叩いてるパンチばかり目立つもん。
あれはひどすぎ!

最初のダウンは本当にダウンなのかなぁ?
リング外に押し出されたみたいな感じだったと思うけど。
そしてレフリーストップが早いんじゃない?
ちょっとあのタイミングは「?」な感じでした。
時間あったらもう一度見て確認してみるか。。。

今回の対戦相手は世界ランキングは159位との事。
かなーり格下だったのね。
http://www.boxrec.com/boxer_display.php?boxer_id=226924
これ見ると亀田に負けて161位に落ちたみたい。
格下にはずっと攻勢だったけど内容はイマイチだったね。

そんなノンタイトル戦で何故国歌斉唱?
番組構成も何だか変だったなぁ〜(早送りで殆ど見てないけど)
と言うかそんなカードであんな宣伝する必要があるのか?
ま、TBSだから仕方ないけど(笑)


こんな試合でも注目は浴びてるようだけど
本当のボクシングファンは出来るかなぁ?
いや、これじゃ絶対無理だね。

やっぱり、先日のデラ・ホーヤvsメイウェザーみたいな試合で
ファンを増やしていってほしいものです。。。
posted by たくあん at 23:56| 東京 ☀| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

WBC世界S・ウェルター級タイトルマッチ

今日はオスカー・デラ・ホーヤvsフロイド・メイウェザーの
試合をWOWOWで生観戦。
6階級制覇のデラ・ホーヤと4階級制覇の無敗のメイウェザーの対決は
全世界で注目されていて176ヶ国で放送との事。
でも、日本ではボクシングファンしかきっと名前は知らないだろうね。

デラ・ホーヤは30億円、メイウェザーは12億円と
破格のファイトマネー(これは最低保障額との事です)。
超スーパーファイトです。
PRIDEやUFCとは格が違います。
ちなみにリングサイド席は約24万円との事。

さて、試合内容ですが非常に面白かった。
先日のトリプル世界タイトルマッチは不完全燃焼だったけど
この試合は興奮しっぱなし♪
こういう試合でボクシングファンを増やして欲しいものだね。

前半は体格で有利なデラ・ホーヤがメイウェザーを圧倒。
デラ・ホーヤを応援してたけど予想外の展開でびっくり♪
しかし、中盤からメイウェザーが盛り返してきた。
結局判定までもつれこみました。。。

結果は2対1でメイウェザーの勝ち。
新チャンピオン誕生です。
しかも無敗のまま5階級制覇達成〜

しかし、2人とも引退をほのめかしています。
こんな凄い2人が同時に引退したら後を継ぐ者は?

中量級のボクシングはスピードとパワーの
両方が備わってるから面白いんだよね。

でも、こんな楽しみにさせてくれる試合がなくなるなら
WOWOWもそろそろやめるかなぁ〜
元はリングス観る為に加入したんだけど(1番最初から観てる)
最近はUFCも放送打ち切りになったし。。。
映画はレンタルすれば良いもんね。


最後に一言。
デラ・ホーヤの奥さんは超美人でした(笑)
posted by たくあん at 00:31| 東京 ☔| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

K-1 GP 2007 in ハワイ

昨夜はプロチャレンジに参戦していたので今朝見ました。
CSのフジテレビチャンネルは解約してしまったので
地上波でのTV観戦です。

今回はマイティ・モー中心の放送だったね〜
ここまであからさまなのも久しぶりかも。
まぁ、優勝出来たから良いけど(笑)

以前、ベルナルドもこんな扱いしてた事あったけど
優勝出来なかった事を思い出したぞ。

マイティ・モーは今後大巨人ハンターになるのかな?
でも、以前はガオグライに負けてるんだよなぁ〜
大味な試合は面白くなりそうだけど技術戦になるとやっぱり不利か?

さて、王座決定戦でバダ・ハリvs藤本があったけどあれはひどい。
レベルが違いすぎたのか話しにならない内容でした。
やっぱり藤本じゃまだまだだよなぁ〜
バダ・ハリvsルスラン・カラエフの試合の方が全然面白かったし。
と言うか何故このメンバーで王座決定戦なのか意味不明だし。
人数合わせとしか思えないもんなぁ〜

逆にレミー・ボンヤスキーvsクラウベ・フェイトーザの試合は面白かった。
やっぱり試合はこうでなくちゃ。
判定までいったけどレミーはうまかったなぁ〜
良いコンビネーションが出てくるけどクラウベにはそれが無い。
そこらは空手上がりの今後の課題かもしれないですね。
posted by たくあん at 09:36| 東京 ☀| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

K-1 WORLD MAX 2007 世界最終選抜

忙しいながらもぎりぎり帰宅して見てました。
ヘビー級より日本人の活躍が期待出来るMAXの方がやっぱり良いね。

ボビーの弟は意外にも頑張ったね〜
将来的には可能性を秘めてると思うけど
いきなり世界チャンピオンと試合させるもんかね〜
他にも順番待ちしてる人がいると思うんだけど。。。

佐藤の試合はイマイチだね。
日本チャンピオンになってもあれじゃやっぱり人気出ないよ。
試合見てても華が無い。

だってメインの魔裟斗の試合見てるとやっぱり面白いもん。
人気出る人ってどこか違うもんだよね。

そうそう、最初に放送してたHIROYAは面白いね〜
将来は魔裟斗跡継ぎになるかな。
posted by たくあん at 08:55| 東京 ☀| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

捏造?


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/13/news080.html

以下HPより抜粋
『・・・映像は、12日に放送した「HERO'S 2007 開幕戦」で桜庭和志選手を紹介する際に流れた。昨年大晦日の試合が相手選手の反則で無効になった問題に絡み、「(桜庭選手が)ファンとともに築き上げてきた戦いの歴史に泥を塗られた」というナレーションとともに、掲示板サイトの書き込みを映した。
 掲示板は2chにそっくりなデザインで、「昔は桜庭に夢中だったのにな。もう一度、夢を見させてほしいな」「秋山もひどいけど、そろそろ桜庭も試合がつまらなくなったね」「桜庭さん、がっかりです……メイン失格」といった書き込みがあった。・・・』

TBSは何やってんだかなぁ〜
これ見た時、2チャンネルの掲示板かと思ってたけど
実は違ってたんだね〜

珍しく試合でのバカみたいな編集が無いなと少し好感を持ったのに
別のトコでやってたって事だね。

出来レースみたいな試合組んだり、疑惑の亀田の試合あったり
ホントTBSの格闘技関連は何やってんだ?
全て嘘ばっかみたくなってるじゃんねぇ(-_-メ)


posted by たくあん at 22:36| 東京 ☀| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

HERO’S 2007 開幕戦

今日はテンポ良く進行してたね〜
判定が1つもなく全てKO決着だし。
やっぱり意味不明な判定が無いのは見ていて気持ちが良い♪

それにしてもTBSは相変わらずカメラワークが下手すぎ。
もっと引いて写せよ〜
全体の流れが見えなかったり
アップしすぎてどんな攻防してるのかわからない事が多すぎ


ヌルヌル秋山の事は何も言ってなかったなぁ〜
7月の大会はどんな風に謝罪してリングに上がるんだろ?
そして会場に居る観客は許すんだろうか?
そこに興味があるな(^^ゞ
ちょっと意地悪です。。。

でもね、やっぱり許せない行為だし嘘言ってたしなぁ〜
posted by たくあん at 06:08| 東京 ☀| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

K-1 GP 2007 in YOKOHAMA

今日は朝から仕事してバタバタしてたけど
夜はしっかりTV観戦しました。

いやぁ〜今回は久しぶりに熱くなる好試合が多かった♪
やっぱ格闘技はあーじゃなくちゃね。

いつものように細かい内容は書かないけど
特に、ルスラン・カラエフvsバダ・ハリ。
この2人はスピードあって目が離せない好試合でした。
またいつでも再戦して欲しいぞ。
沢屋敷はバンナに勝つしね〜♪

武蔵と藤本の試合は途中、角田のゲキが面白い。
あんなの初めて見たぞ〜(笑)
でも、判定でも藤本の勝ちじゃないかなぁ?

今大会は全体を見て今回のテーマは
距離とカウンター(タイミング)かと思えるような内容ばかりでした。

ホント興奮したなぁ〜(*^-^*)
posted by たくあん at 22:27| 東京 ☀| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

PRIDE.33

今日はリアルタイムで見れないかなぁと思っていましたが
なんとか生中継で見る事が出来ました。

相変わらず高田のマイクは面白い。
アメリカ人はどう見てるのか気になる。。。

さて内容ですが全部で3時間ちょっと。
DVD作るのも比較的楽で助かった〜
だって、昨夜TBSチャンネル放送のK−1MAXも頼まれていたから
今日のPRIDEと合わせて10枚も作る事になっていたのだ。
ちょっとした商売だよなぁ〜これは。。。(^^ゞ
早速今夜郵送して木曜日には皆に配らなければ。

あ、内容書くの忘れた。

最初は予想通りの勝敗だったけどノゲイラのKO負けから
五味のギブアップ、シウバのKO負けと後半は波乱の連続。

五味は相変わらず柔術家に弱いなぁ〜
それにリーチの差か打撃を結構もらってたし。
UFC参戦は大丈夫かな?

まぁ、今回はいつものルールと若干違うのでそこら辺も関係してたかもね。
posted by たくあん at 17:45| 東京 ☀| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

秋山vs桜庭戦はノーコンテスト

070111tanigawaakiyama.jpg

詳しくはこちら
http://www.k-1.co.jp/report/20070111r.html

秋山は最初かなり汗をかく体質だと言ってたと思うけど
クリーム塗ってたじゃんね〜
これって確信犯じゃないのかな?
とりあえずベルトも剥奪したほうが良いと思うな。

大体さ〜憧れの人と試合して、試合後に挨拶しないで
さっさと柔道着を着てる事自体おかしいって。


posted by たくあん at 01:27| 東京 ☁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。