2005年07月21日

K−1 WORLD MAX 決勝戦

今夜の目玉はもちろん魔裟斗だが強敵揃いのトーナメント。
誰が勝つかやってみなきゃわからない。。。
ざっと内容を書いてみる。

まずは魔裟斗vsマイク・ザンビディス。
魔裟斗のローキックvsザンビディスのパンチの図式となったが
魔裟斗がパンチでダウンを奪い魔裟斗の判定勝ち。

小比類巻貴之vsアンディ・サワー。
アンディ・サワーは103戦99勝と驚異の戦績を持つ。
しかし、小比類巻は相変わらず面白くない試合展開に持ち込み判定でサワーの勝ち。

アルバート・クラウスvsジョン・ウェイン・パー
クラウスは初代チャンピオン。
お互いに攻撃の手を緩めない中々の好試合。
判定僅差でクラウスの勝ち。

ブアカーオvsナラントンガラク。
前年度チャンピオンのブアカーオの試合だが何故がダイジェスト。。。
よくわからないけどブアカーオの勝ち。

さて、次は準決勝戦だ〜と思ってたら魔裟斗はケガの為欠場すると発表。
代わって安廣一哉が出る事になった。
彼は最近、人気急上昇中の選手だ。
試合も元気よく期待出来る試合だったが前の試合で切っていた箇所から出血。
残念ながら彼もドクターストップで1Rで負けてしまった。

クラウスvsブアカーオ。
初代チャンピオンと現チャンピオンの対決という事実上の決勝戦!?
お互い譲らず目が離せない展開。
判定でブアカーオの勝ち。

決勝戦はブアカーオvsアンディ・サワー。
これまた凄い組み合わせだ。
しかし、TBSのお馬鹿さんはこんな試合をダイジェストで放送(-_-メ)
何故決勝戦をしっかり放送しないんだ?
結局5R戦ってアンディ・サワーが勝った。
ブアカーオは準決勝戦のクラウス戦でスタミナを相当消費してたようだ。
それにしても22歳で世界チャンピオンか〜凄いな。

ブアカーオはたしか前回もダイジェストでしか放送してないし、
今夜の2回戦、決勝戦もダイジェスト。。。
昨年のチャンピオンだってのにさ。
TBSは何考えてるんだろ?それとも人気ないの?
小比類巻の試合なんかよりレベル高くて試合も面白いのにな。

今回も毎回の不満通りアップ画像が多すぎで肝心のパンチ、キックを見せないという
おかしな手法で放送していた。
格好良く演出する事ばかりしていて試合が見れないなんて本末転倒。
もう少し考えて放送して欲しい。
ま、うるさいだけの井上和香が出なかった事だけは良かったと思うけど(笑)

posted by たくあん at 01:10| 東京 ☁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

橋本真也急死

“破壊王”のニックネームで親しまれたプロレスラーの橋本真也さんが11日午前、横浜市内の市立大付属市民総合医療センターで死去した。40歳だった。死因は脳幹出血とみられる。
 橋本さんは1984年に新日本プロレスに入門。その後独立し、2000年11月には新団体「ZERO‐ONE」を設立したが、2004年11月に活動を停止。橋本さんは右肩を手術し、リングから遠ざかっていたが、リハビリをしながら復帰を目指していた。


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/wrestling/20050711-00000024-spnavi-spo.html

運転中、ラジオから橋本真也の入場曲が突然流れてきたから「ん?」と思ったら
橋本真也の急死のお知らせだった。。。あまりにも突然の事で驚いた。。。


プロレスに夢中になってた頃、彼のファイトスタイルは好きでいつも応援していた。
89年の闘強導夢シリーズで1回戦を長州力を破って2回戦をソ連の選手に勝ち
決勝戦でベイダーと戦った事がある。
決勝戦は残念ながら負けてしまったがその時の印象が今でも強く残っている。
あれで一躍名をあげたんじゃなかったかな。

その大会をもっと楽しく見るために(ビデオに録っていた)AVアンプ買って
スピーカーを2組買ってサラウンドにしたのだ(現在のシステムも当時のまま)。
あの時は何度も見てたっけなぁ〜(^^ゞ
あのビデオは今でも綺麗に見れるのかなぁ???
早いトコDVD化しておかなくては。。。


近年では小川直也にボロクソに負けて引退に追い込まれて・・・
その後「ZERO‐ONE」を立ち上げ復帰・・・
なんて事をしてたけどこの頃はあまり見てなかったな。


彼はプロレスをやる理由に父親が行方不明でその父を捜すために
プロレスで有名になって自分を見つけてもらいたいから・・・
とTVで言ってたような記憶がある。
リング上では気合い入って強くて格好良かったけど
リング外では意外と優しい顔をしてるトコが好きだった。。。
ホント残念(T_T)

posted by たくあん at 22:04| 東京 ☁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

HERO’S

今夜はHERO’Sミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦。
どれも注目カードだったけどやっぱり注目度1番は山本KIDの試合か。
途中反則もあり危険な試合だったけど最後はきっちり決めてくれた。

それにしても意地かタックルを1度しか使わなかった。
試合前のコメントで「殴り倒す」と言ってたがその通りの試合。
やっぱり山本KIDの試合は面白いね。

他ではレイ・セフォーが初めての総合ルールなのに
意外にも良い動きを見せてくれた事に驚いた。
彼は格闘技センスが良いんだろうね。

初めて見た所英男も案外強くて驚いた。相手は修斗の現役チャンピオン。
いやぁ〜よく勝ったわ。これで生活変わればいいけど。。。(笑)
でも、優勝するには少し物足りない気がするな〜応援はしてあげたいけどね。

今夜も同時録画4台で、しかもこれからダビングしながら寝る。
もちろんダビングはCMカットのおまけつきだ(今まで編集してた)。
感謝しろよ〜明日受け取る友達よ(^_^;)

さぁ、今夜も軽い腹筋でもして寝るかな
posted by たくあん at 00:08| 東京 🌁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

PRIDE GP 2005 2nd ROUND

今日は前から楽しみにしてたPRIDE.GPの2回戦だった。
もちろんスカパーのPPVで生中継で見た。
もう契約で決勝戦まで支払っているのだ。
本当は会場で生で見たいのだが最近は高すぎる(-_-メ)
以前は毎回見に行ってたんだけどね〜

で、内容だがやっぱり今回も楽しめた。
メンバーもよくここまで揃うな〜と思ってしまう程だ。

それにしても相変わらずシュート・ボクセの連中は強い。
技術もあるが何よりも心が折れないトコに彼らの強さを感じる。
最後まで諦めない…そんな不屈の闘争心が彼らを支えている。。。

ハリトーノフはUFCの強豪ペドロ・ヒーゾを見事完全KO。
UFCのメンバーはPRIDEでは中々いい成績が出ない。
ハリトーノフは目立たないが実力は相当なモノがあると思う。
そしてマウリシオ・ショーグンはノゲイラ弟に逆転勝ち。
好きなボブチャンチンがいいとこなくて負けたのは残念だぁ〜
ミルコの強さはいつもの通り。コメントはいらない。

田村潔司vs瀧本誠は田村の完勝。
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラVSパウエル・ナツラ。
パウエルは前評判は凄かったがこれもノゲイラの完勝。
桜庭和志VSヒカルド・アローナ。
これは桜庭の完敗。桜庭は大丈夫かなぁ?
試合後の顔を見るとしばらく入院じゃないかな?ちょっと心配。
下手すると引退になってしまうかもしれない。。。
あの入場曲を聴くと体を動かしたくなるのにもう聴けないとなると残念。

そしてメインの中村vsバンダレイ・シウバ。
あまり中村には期待してなかったのだが見てると「おッいいぞ〜」と
思わせる場面も出てくる出てくる。。。
しかし、道着を脱ぎ捨てた瞬間の隙をうまくつかれて負け。
シウバとやる時にそんな油断するなよ〜とつい愚痴が。。。(^_^;)


ざっと見てて思った事をダラダラ書いてみた。

posted by たくあん at 01:03| 東京 🌁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

亀田が元世界王者を1回KO

「浪速の闘拳」亀田興毅(18=協栄)が、移籍初戦を179秒KOで飾った。元WBC世界ライトフライ級王者サマン・ソーチャトロン(36=タイ)との10回戦。亀田は1回に右ボディーで2度のダウン、最後は左フックで3度目のダウンを奪い、2分59秒KO勝ちした。世界王座10度防衛の相手に圧倒的な攻撃力で、後楽園ホールを満員にしたファンのハートもわしづかみ。デビュー以来無傷7連勝(6KO)で、目指す世界王者へ再スタートを切った。

http://www.nikkansports.com/ns/battle/p-bt-tp0-050621-0007.html

深夜放送を録画しておいてやっと見る事が出来たが1Rで終わってしまった。。。
うーん・・・強いのかなぁ???よくわからん(^_^;)
それにしても相変わらず大口を叩いていた(笑)

しかし、サマンは元世界王者と言う割には全然手が出なかったじゃん。
ブランク明けでダメだったのかなぁ???
もっと面白い試合を見たかったな。



posted by たくあん at 01:18| 東京 🌁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

K−1をやっと見たけど・・・

K−1 JAPANでボブサップが優勝したんだね〜
( ̄〜 ̄;)ウーン・・・

それにしても中尾との試合はひどいんじゃない?
あの中尾のファイトスタイルは何だ?何故足にタックルばかりするんだ?
これはレスリングじゃないんだぞ。あれじゃもう出る資格なし。
早々に退散してもらいたいと思う。

ボブサップも技術が未熟だからあんなもたついた試合になったと思うが
今大会中では最悪の試合だったろう。
それに対して富平vs藤本なんかは面白かったと思う。

でも、結局は負けた者に何も言う資格はない。
日本人よ、もっと頑張ってくれ〜
posted by たくあん at 00:39| 東京 🌁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

マイク・タイソン 完敗

今日は久しぶりにマイク・タイソンの復帰試合があった。
前回は途中で左膝靱帯を痛めKO負け。
今回は膝靱帯の手術を終えての復帰試合だったが思い通りに動かなかったようだ。
結局は6RのTKO負け。

タイソンの1番の武器は相手の懐に飛び込むダッシュ力だと個人的には思っている。
その武器があったからこそ、あの体格で勝ち続けて行く事が出来たのだと思う。
もちろん飛び込んだ後の必殺パンチもあるが。。。

膝を痛めたタイソンにそのダッシュ力を今回は見る事が出来なかった。
必殺パンチも数回出ただけだ。
あの野獣のような動きも感情も見受ける事が出来なかったのは非常に残念。

試合後のコメントで引退をほめのかす事も言っていた。
たしかに今日のような試合では今後続けていく事は難しいだろう。。。
でも、昔のようなタイソンを見たかったな〜残念。



posted by たくあん at 12:23| 東京 ☁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

K-1 WORLD GP 2005 in PARIS

本当は金曜日の夜、スカパーで放送してたのだけどすっかり忘れてたので
やっと今夜見る事が出来た。

まぁ、予想通りにシュルトの大会は優勝で終わったが内田がイグナショフに勝った事は
とても驚いた。しかし1番驚いたのは勝った本人かもしれない(笑)
他にも角田が復帰第2戦と言う事で再びリングに上がったが見事なKO勝ち。
さすがにパンチ力だけはまだ健在のようだ。

続きを読む
posted by たくあん at 21:58| 東京 ☁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

山本“KID”徳郁がブログ開設

先日のK−1では惜しかったが楽しませてくれた山本“KID”徳郁が
ブログを開設しました。

http://blog.killerbee.jp/

これからどんな事書いてくれるのか楽しみです。
posted by たくあん at 20:53| 東京 ☁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

K-1 WORLD MAX 2005 世界一決定トーナメント開幕戦

http://www.so-net.ne.jp/feg/k-1/top.htm
http://www.so-net.ne.jp/feg/database/20050504rslt.html

相変わらずMAXは面白い。
ヘビー級より動きがある分、目が離せない。
それに日本人が頑張ってるから一層見たくなるのかな。

続きを読む
posted by たくあん at 11:44| 東京 🌁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

K-1 GP 2005 in ラスベガス

http://www.so-net.ne.jp/feg/k-1/top.htm

今夜もしっかり見たぞ〜K−1。
しかし、いつも思うんだけどラスベガス大会なのに日本人がエントリーしてるんだろ?
アメリカ地区予選じゃないの?誰か知ってる人居たら教えて欲しい(^_^;)

結局、グラウベ・フェイトーザが優勝した。
まぁ、予想通りってとこかな。
彼は97年の体重別の空手世界大会で準優勝した時に初めて見たのかな。
当時、フィリオが無敵の強さを誇ってた頃だけどその影でめちゃ強かった記憶がある。

その彼もK−1に来てやっと強さを発揮出来るようになってきたのかな。
日本で開催されるGPでどれだけの強さを発揮出来るのかに期待したい。

スペシャルマッチでは武蔵VSリック・ルーファス。
武蔵が勝つと思ってたけど結局は判定。。。しかし意外にも2対1と際どかった。
ホームタウンデシジョン?危ないな〜しっかりKOして勝たないと。

もう1つはレミー・ボンヤスキーVSマイティー・モー。
レミーは2年連続優勝している現チャンピオンだ。
しかし、マイティー・モーは必殺のパンチ力と打たれ強さを備えている。
案の定そんな試合展開だったが最終ラウンドでレミーがダウン!!
結局は判定でマイティー・モーも勝ち。
会場はかなり盛り上がってた。

久しぶりにレミーのダウンを見たかも。
でも、今年も優勝してもらいたいなぁと思う。
もちろん武蔵には頑張ってもらいたいんだけどね〜


posted by たくあん at 00:32| 東京 ☔| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

ボクシングダブル世界タイトルマッチ

今日は武道館でボクシングダブル世界タイトルマッチがあった。
WBA世界ミニマム級チャンピオン・新井田豊vs同級4位の金在原(韓国)と
WBC世界バンタム級チャンピオン・ウィラポン・ナコンルアンプロモーション(タイ)vs長谷川穂積の試合だ。
http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20050416i311.htm

続きを読む
posted by たくあん at 22:09| 東京 🌁| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

全女、ついに解散!

全日本女子プロレスがとうとう解散する事になった。
不渡りを出していながらよくここまで続けてこられたと思う。
来月にはガイアも解散する事が決定している。

続きを読む
posted by たくあん at 01:14| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

HERO’Sを見て・・・

先日の土曜日、格闘技のイベントHERO’SをTVで見た。
中量級の選手をメインに試合を組んで行くようだ。
そして久しぶりに前田日明がスーパーバイザーとして格闘技界に復帰。
いろいろ話題を呼びそうだ。

続きを読む
posted by たくあん at 00:23| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

K−1 MAX

今週2度目の格闘技、今回はK−1 MAXだ。
残念ながら期待の山本KIDは欠場となりがっかりしたが残りの選手達にも期待した。




続きを読む
posted by たくあん at 00:41| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

PRIDE.29

今夜は毎度楽しみにしてるPRIDEの試合があった。
全体的に見ればイマイチな感じな試合もあったけどやっぱり楽しめた。
今回、個人的に注目にしてた試合はイゴール・ボブチャンチンvs高橋義生と
ミルコ・クロコップvsマーク・コールマンだ。



続きを読む
posted by たくあん at 23:49| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

1回戦で武田と山本KIDが激突

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/headlines/20050125-00000100-spnavi-spo.html

大晦日に魔裟斗と好勝負をした山本“KID”徳郁が今度は武田と戦う。
武田は魔裟斗とは又タイプが違うのでどう戦うかが非常に楽しみだ。
posted by たくあん at 00:26| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

少林寺拳法「卍」紋章を変更

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050110k0000m040035000c.html

「少林寺拳法グループ」(宗由貴総裁)は、40年以上使用してきた「卍(まんじ)」
の紋章を、4月から変更すると発表した。新紋章は、白と黒の二つの円を重ねたもの。
「調和」を表すという。ロゴは「SHORINJIKEMPO」とローマ字にした。

少林寺拳法と言えばよく中国にある少林寺と勘違いされる事も多いのですが
少林寺で行っている拳法は少林拳といい全くの別物です。
少林寺拳法は宗道臣が中国で修行しその技術を日本に持ち帰ったもので、
現在の総裁は宗由貴です。

合気道の技も組み込まれていると聞いた事がありますが
事実似たような技の名称があり実際似た技もあります。


続きを読む
posted by たくあん at 13:50| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

PRIDEとK-1

飲み会〜初詣に行ってたので帰ってきたのが深夜3時頃。
早速、年末にやってたPRIDEとK-1を見た。
早く見ておかないと結果を先にわかってしまいかねないし、やはり早く見たいからだ。

http://www.boutreview.com/data/reports/041231dynamite.html
http://www2.prideofficial.com/free/result/event/1096131787.html

個人的にベストバウトはPRIDEでは、ヴァンダレイ・シウバVSマーク・ハント
K-1では魔裟斗VS山本KID徳郁だったと思う。
この2試合は見ててとにかく興奮した。寝てない明け方だと言うのに・・・(^_^;)

続きを読む
posted by たくあん at 15:36| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

K-1 WORLD GP 2004

昨夜、2004年度のK-1 WORLD GP 2004 の東京ドーム大会が行われた。
個人的に1回戦で特に注目するのはガオグライvsマイティー・モー、ボンヤスキーvsホーストの2試合。

ガオグライは体重が全然軽いながら、とても軽い身のこなしで勝ってきた選手。
今回は体重差50キロと普通では考えられない試合だったが見事ハイキックでKO勝利!
あの打たれ強いマイティー・モーを一撃で倒してしまった。恐るべしムエタイ戦士。
前回の試合では1番面白かった試合だったが彼の試合は今後も楽しみだ。

ボンヤスキーvsホーストは新旧チャンピオン対決。
お互いの意地の張り合い対決だったが際どくボンヤスキー選手の勝ち。
いよいよ新世代の始まりか。それにしてもこの1年でボンヤスキーはかなり強くなってる。

そしてかなり途中を省略するが決勝戦は武蔵vsボンヤスキー。
お互いかなり疲労しながらの対戦なので技のキレがない。こうなったら精神力の勝負だ。
こういった場合、あまり技術の差は出ないものだ。
結局お互いに差がつかないまま延長戦になり結果ボンヤスキーの勝ち。


強敵に勝って名をあげた選手はたくさん居たがそれでおしまいという案外選手は多い。
しかし、ボンヤスキーはどんどん強くなって真のチャンピオンになりつつある。
ホーストやアーツが今までK−1を引っ張ってきたが彼ら以外では初の2年連続チャンピオンとなった。
これからが楽しみな選手の誕生としてとっても嬉しく思う。




posted by たくあん at 09:21| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。