2007年12月01日

楽天ブックス初体験

今回初めて使ってみたけど楽チンだね〜♪
しかも新品で26%オフだなんて安いわ。
受け取りは近所のコンビニで良いんだし。。。
もっと早く使ってれば良かった。

しかし、コンビニのお兄ちゃん、あれで良かったのか?
メールでは9桁の番号を確認してもらってからとなってるのに
そんな事は一切何もせず「これで良いですか?」で終りだもん。
まぁ、お金と商品の交換だから仮に違っても大きな問題にはならないだろうけど。


買ったDVDをしっかり見てたらもうこんな時間。
ずっと前に買ったDVDも観たりCD聴いたりつい色々余計な事までしてしまった(^^ゞ
でも、アルバムのリミックス盤の音の違いも発見したりちょっと楽しかった♪

まぁ今みたいにブログ書く前はこんな事ばかりやってたからな〜
今でも編集作業みたいな事は常にやってるけど。。。

しかし、こうしてるとやっぱり新しいTVも欲しくなるし
アンプも欲しくなるわ。
中々壊れないから買わなかったけどテレビはいつまで持つやら。

ちょっと前から変な線が出てくるようになっていたんだけど
時間が経てば消えていたんだ。
でも、最近は全然消えてくれなくなってきた。
そろそろテレビは寿命なのかも。。。

僕のAV好きは友達の間では有名だったので「まだ買ってないのか?」と色々な事で驚かれてきたけど(買うまで腰が重い)きっと買うとしたらスピーカーよりアンプよりテレビだろうな。
次世代DVDも欲しいけどそんなに一気に買うお金なんか無いし。
またボチボチ揃えていく事になるんだろうな。
そうやっていつも時代遅れになっていくんだけど(^^ゞ

ささ、明日も忙しいし早く寝なきゃ。
posted by たくあん at 02:03| 東京 ☁| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

ダビング10

ダビング10.jpg

 社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)は2日、デジタル放送の新録画ルールにおいて、名称を「コピー9回+ムーブ1回(ダビング10)」に統一すると発表した。
地上デジタル放送録画番組の現在の運用方法である「コピーワンス」については使い勝手の悪さなどを理由に見直し作業が進められ、8月の総務省情報通信審議会にて、録画した1番組について9回までのコピー、10回目でムーブという新方式への移行が提案された。
 現在、新運用ルールへの移行に向けた検討作業に着手しているが、「報道で様々な表現が使われて混乱が生じかねない状況になっていた」として、JEITAの関係事業委員会とコンテンツ保護検討委員会が呼称を「コピー9回+ムーブ1回(ダビング10)」決定した。ダビング10の読みは“ダビングテン”。


http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071009/jeita.htm

アナログ接続ではダビングが無制限に出来るようになるみたいだね。
でも、有料放送はコピーワンスのままのようだし、色々難しそうだな。

何でこんなコピーに関して面倒な事やってるんだろ?
デジタルって本当に面倒だ。

こんなコピー規制の概念が生まれたのはDATからだろうな〜
あの時も発売にえらく揉めてたようだし。。。
どうにかならないものかな。

posted by たくあん at 01:17| 東京 🌁| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

ソニー、薄さ3mmの11型有機ELテレビを12月発売

xel-1_01.jpg

 ソニーは、テレビ製品としては世界初となる有機ELパネル搭載テレビ「XEL-1」を12月1日より発売する。価格は20万円。
 新開発の11型/960×540ドット有機ELパネルを採用。自発光方式のため、バックライトなどの光源が不要という、有機ELの特徴を生かし、ディスプレイの最薄部は3mmを実現した。

 独自の「Super Top Emission」により高い開口率を実現。さらに、多重反射により各画素の有機膜層から出力光を効率よく取り出すマイクロキャビィティ構造の採用や、出力光をカラーフィルタで調節することで、自然な発色と、高い色純度を実現する。

 コントラスト比は100万:1以上(全白/黒)で、「われわれの持つ測定器の限界を超えている」という。黒色表現時には「完全なカットオフ、発光ゼロの状態にできる」ため、深い黒色再現が可能となっている。

 また、輝度ゼロからピークまで、全階調にわたり細かな色制御が可能なため、「XEL-1では液晶でできなかった高いピーク輝度を生かした絵作りにチャレンジできた。特に、バイクのボディの金属感、闇夜のネオンの明るさの違いの表現力などでその美しい輝きを感じていただけると思う(テレビ事業本部 E事業開発部 白石由人部長)」という。

 なお、Display2007/ファインテックジャパンに出展された11型有機ELテレビでは、1,024×600ドットのパネルを採用していたが、量産モデルでは960×540ドットとなった。白石部長によれば、「画素数の上でアスペクト比16:9にこだわったため」という。また、XEL-1の960×540ドットは、フルHD(1,920×1,080ドット)をちょうど4画面に分割したサイズということから、回路設計が容易になるなど、実際に商品化するときの利点が大きいことから、同解像度とした。

 液晶との違いでは、バックライトがないために、光漏れがなく高輝度でも低輝度でも忠実な色再現が可能なこと。さらに自発光のメリットを生かした、高い動画性能などをアピールしている。なお、x.v.Colorには非対応。

 動画応答性能については、新開発の有機EL駆動回路を搭載し、なめらかかつ自然な表現を可能とした。

 また、新有機EL材料やパネル駆動回路を活用することで、長寿命化を実現しており、「焼きつきも極力排除する」という。寿命の目安としては、「一日10時間、10年間使えるということから“3万時間”」と説明している。

 ディスプレイ部分をアルミ素材の片持ちアームで支えた特徴的なデザインを採用し、ディスプレイ部は前方15度、後方50度に傾け可能となっている。なお、左右の首ふり機能は備えていない。

 地上/BS/110度CSデジタルチューナを内蔵しており、単体のテレビとして利用可能。ロッドアンテナや1W×2ch出力のスピーカーも備えている。入力端子はHDMI×1を装備。USBやEthernetも装備する。ソニールームリンク(DLNAクライアント)やブラウザ機能を備えるほか、デジタルテレビ用ポータルサービス「アクトビラ」にも対応。操作画面にはXMB(クロスメディアバー)を採用している。

 消費電力は45W。外形寸法は287×140×253mm(幅×奥行き×高さ)、重量は2kg。本体のデザインにあわせた薄型のリモコンが付属する。

 有機ELパネルはエスティ・エルシーディ株式会社で生産。最終製品の組み立て製造は、ソニー稲沢工場で行なう。


http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071001/sony.htm


凄いテレビが出てきたね〜
薄さ3ミリ。
しかもコントラスト比が測定不可とは格好良すぎ♪
早く本物見てみたーい。

技術のソニー復活なるか!
posted by たくあん at 01:25| 東京 ☁| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

バナナスタンドの利用法

070825バナナスタンド.jpg

誰かネットで公開してたのを思い出してバナナスタンドをヘッドホン置きにしてみた。
100円ショップで買ってきたバナナスタンドだけど倒れないし中々良いかもるんるん
posted by たくあん at 01:29| 東京 ☔| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

カーペンターズのSACD

Singles1969-1981.jpg

最近、AVアンプのHDMIのバージョン1.3が出始めてきているので
色々見ていたらSACDの事でカーペンターズの事が書かれていた。

何でもカーペンターズのSACDは特に音が良いらしく
色々なお店で利用しているとの事。
(こんな事を書いてるけど僕にそんな良い耳は無い)

僕はこのCD、予約して買ってはいるのだがSACDを再生出来る環境では無いためいずれAV機器を揃えて聴こうと思って買っていた。
ハイブリット版なので普通のプレーヤーでもCD部は聴けるけどね。

そんなこのSACDは今ではプレミア価格になっていて
アマゾンでは17,690円の値段がついていた。


Singles 1969-1981 [Hybrid SACD]

http://www.amazon.co.jp/Singles-1969-1981-Carpenters/dp/B00067Z2VY/ref=pd_bbs_1/249-0838237-5910755?ie=UTF8&s=music&qid=1187754242&sr=8-1


ひぇ〜
やっぱり買っておいて良かったわ♪

そろそろアンプとスピーカーは買い換えたいなぁ〜と
思ってはいるんだけど(約20年使ってる)最近はTVが不調。
きっと年内にTVを買い換える事になりそうだな。
posted by たくあん at 13:02| 東京 🌁| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

星になった少年

簡単に言うとタイで修行してきた日本人初の象つかいの少年のお話。

連休中に何か1つは映画を観たいと思ってたんだけど
ちょうどCSでこの映画を放送してたんで見る事が出来た。

少し泣けてしまう映画だねぇ〜(T_T)


以前、「志村どうぶつ園」でこの少年が育てた子象の
「ランディ」を紹介していた
このランディは少年が亡くなり霊柩車で運ばれていく時に
車を追いかけていたシーンが放送されていた。
その時、両親と一緒に見ていたんだけど危うく涙を見せそうになった(^^ゞ
(親には涙なんか見せたくないし)

そのランディは何年も経った今でもこの少年の事を覚えている。
写真を見せ、声を聞かせ、そして調教棒も全て懐かしそうにしていた。
その仕草がとっても健気で心打たれました。

そんな事を思い出しながら映画を観ていたので
やっぱり一層悲しくなるね。

↓では少年のお母さんのインタビュー記事が載ってます
http://japan.discovery.com/we/we005/index.html


そうだ、この連休中に友達のお墓参りに行ってこなきゃ。


posted by たくあん at 02:37| 東京 ☔| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

HR-S9800

070321HR-S9800s.jpg

070321HR-S9800remote controls.jpg

久しぶりにビデオからDVDを作ってくれとの依頼を受けたので
(こう書くと業者みたいか?)
久しぶりにビデオに電源を入れてみた。

すると全然入らない(T_T)
たかが1ヶ月程度はずしただけだったのに。。。
もう故障かなぁ〜

ちなみにそれはアナログ時代の最後の高級機。
HR-X5。
今じゃとても買えないモノだったんだけどなぁ〜
壊れてしまって残念。


仕方ないのでその前のちょっと古いビデオデッキを出してきた。
それも昨年はDVD作成に大活躍してたビデオだ。

このビデオ(HR-S9800)は当時の高級機種。
1990年頃の発売で当初は人気が有って中々買えなかった記憶がある。
何度も修理に出したながら近年まで使い続けた
凄く愛着あるビデオデッキ。

このバブル期に発売されたAV機器はボタンがいっぱいあったり
ごつごつした風格があって格好良いんだよね〜
もちろん近年のモノと違って作りもしっかりしてるしね。


こんな立派なビデオデッキを作ってたビクターも近年は
大したHDDレコーダーを作れなくて苦労してる上に
パナソニックから切り離されようとしています。
(ビクターは松下電器の子会社)

最近発売のパナソニックの液晶テレビのビエラは
動画に強いと宣伝していますが
その技術はビクターからもらったのではないかと憶測されています。
ビクターは動画に強い液晶テレビを最初に開発したからね。


写真はビデオデッキ(HR-S9800)と付属のリモコン
posted by たくあん at 09:45| 東京 ☁| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

ASIA(エイジア)

土曜日の夜、CSでASIAのPVを放送していた。
ASIAと言えば1980年代初頭、
プログレの流れを持つメンバーが集まって作ったグループ。
中学生〜高校生の頃は好きでよく聴いていた。
そう言えば初めてメンバーの顔をしっかり見た気がするな(笑)

何故今頃放送してたのかなぁと思って調べたら
昨年オリジナルメンバーで再結成していた。
しかも今夜渋谷でコンサート中。

新しいアルバム出たら買いたいなぁ〜♪
でも、あれから結構な年数経ってるけど皆元気だなぁ〜
ジョン・ウェットンは今でもあんな声が出るのかな。


古いコンサート映像は今なら無料で見れます
http://broadband.biglobe.ne.jp/index_music_p.html?ch=music_p

posted by たくあん at 18:53| 東京 ☀| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

ドランクモンキー酔拳 特別編

今夜の木曜洋画劇場は「ドランクモンキー酔拳」
もう、約30年前のジャッキーチェンの映画。

僕が中学生の時、ふとTVでこの映画を観た時から
ジャッキーチェンが大好きになり
それ以来ずっと大好きなアーティストの1人。

そしてこの映画は今の格闘技好きの原点でもある映画だ。

昨年もこの映画をTV東京で放送してたけど
今回も内容は同じ(当たり前だけど)。
まぁ、今回は地デジ放送を録画したので少し綺麗かな。

僕が見た中学生の頃は何度も放送していたんだけど
ビデオが無かった為、カセットテープで音声だけ録音していて
もうホント何度も何度も聞いていた。

今の吹き替えは「特別編」となってる通り、昔と少し違う。
名前の読み方、セリフ回し、そして声優さんも。。。
音声は全て再録音している。

昔の吹き替え音声との違いは聞いていてすぐわかるので
違和感ありまくり。
亡くなってしまった人もいるのでそれは仕方ないけど
やっぱり昔の音声そのままで綺麗な映像で見たいんだよね。

残念な事に酔拳の日本語版のDVDは発売されておらず
ずっと昔に録画していたビデオをDVD化したものしかない。
でも、あんまり綺麗じゃないんだよね〜

だから、今の映像に昔の音声を組み合わせて・・・なんて思うけど
カットしてるシーンが違うのでそれもちょっと無理。
( ̄〜 ̄;)ウーン・・・残念(T_T)

ちなみに当時のジャッキー映画は日本公開版となっていて
BGMに日本語歌が使われていた。

僕のように昔の映画を観てきた者にとっては
誰もが同じように思ってる事でしょう〜
やっぱり「殺し屋鉄心」でしょ〜とか思う人は多いはずだし(笑)
(昔見てた人しか違いはわからないかも)

そうそう、次長課長の河本がジャッキー映画をモノマネしてるけど
それは昔の音声の時のモノマネですよ。
posted by たくあん at 00:07| 東京 ☁| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

33枚組シングル・コレクション・ボックス

061213CARPENTERS01s.jpg

061213CARPENTERS02s.jpg

061213CARPENTERS03s.jpg


長年待ち望んでいたカーペンターズのシングルコレクション。
仕事から帰ってみるとアマゾンから届いていました。

1970年代〜80年代初期まで、
カーペンターズは数々のアルバムを発表していました。
しかし、兄リチャードはアルバム制作の際に
シングル曲もアレンジしてアルバム収録していた為、
シングルのオリジナル音源がわからなくなっていました。

月日は流れ、今はレコードではなくCDの時代。
近年、オリジナル音源のシングル曲のCD化が
ファンの間から要望されていました。
それが長年の紆余曲折の上、やっと完成、発売されました。

数年前、このCDの訳詩担当の小倉ゆう子さん(現・小倉悠加さん)と
直接話をする機会を得た時に「シングルボックスの計画がある」と
聞いていたのですがそれがやっと形に。。。(;>_<;)


以前、レコードでシングル盤を全部集めようと思ってましたが
(アルバムならLPで全部持っている)
これでそんな事をする必要はもうありません。
(コレクターなら話しは別ですが)

この33枚組のお値段は3万円。
1枚当たり約909円。
うーん・・・ちょっと高いか?

ジャケットは発売当時のものを出来る限り再現したそうです。
でも、ファンなら買わずにはいられません。
これは限定物なのです。

ちなみにこれには815の通し番号が書いてありました。
一体、何部発売されたのかわかりませんが
間違いなく永久保存版ですね。

週末、時間が出来たらゆっくり全部聴いてみようっと♪
posted by たくあん at 01:28| 東京 ☁| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

Milestone〜今井美樹20周年記念アルバム

061125Milestone.jpg

Milestone(DVD付)

長いね〜初期の頃の歌はホント下手だったけど
今じゃ立派な歌手になってるし♪

たしか初めて聴いたアルバムは外国歌のカバー集だったけど
あれは全然ダメでそれからしばらく聴かなかったんだよなぁ。

その後アルバム「Ivory」「Retour」を友達の家で聴いて
それから再び聴くようになった。

この頃の作詞作曲は岩里祐穂、上田知華の黄金コンビで
名曲をたくさん作っていた(今でも復帰して欲しいと思う)。

途中から旦那になった布袋がメインで作詞作曲をするようになるけど
彼の作品は良いのとイマイチな歌とはっきり分かれる。
シングルは良いけど、アルバム収録曲がどうも。。。


さて、このアルバムだけどとーっても良い♪
最近イマイチなアルバムばかりだったと思うけど
久しぶりに良い内容だなぁと一日中何度も聴いています。

あ、今日は思い切って仕事休んでるので。。。(^^ゞ

部屋を片づけながら昼寝しながらまったりとして
ホント何度も何度も聴いてるけど飽きません。

「愛の詩」「そしてキスして」はもう最高にいいなぁ〜
この2曲があっただけでも満足してるし♪

「そしてキスして」は布袋の作詞作曲。
アルバム収録曲でもいつもこうした歌をつくってくれ〜
posted by たくあん at 23:44| 東京 ☀| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

ハロウィン

Keeper of the Seven Keys, Pt. 1.jpg

Keeper of the Seven Keys, Pt. 2.jpg

ハロウィンと言えばドイツのバンド。
その名の通りかぼちゃをキャラクターとしてるふざけた名前だけど
実は疾走感溢れるハードなロックで格好良い音楽を創る。

高校生の時、友達のレコードを聴かせてもらってから大好きで
今でも当時のアルバムは良く聴いている。

現在は大幅にメンバーが変わってしまい当時の面影は少ししかないけど
CDが発売されれば何かを期待してつい買ってしまう。。。

まぁ、がっかりする事の方が多いんだけどね(^^ゞ

写真は昔のメンバーで発売された彼らの最高傑作の2枚。
「守護神伝-第1章-」と「守護神伝-第2章-」
posted by たくあん at 18:55| 東京 🌁| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

世界初のガラスCD

061021CD.jpg

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/music/news/20061021dde041040056000c.html

 ガラス製の音楽CDが世界で初めて開発され、発売された。音のゆがみがなく、音質も劣化せず、デザインも美しい“夢のCD”だ。試聴した音楽評論家らからは、実際の演奏通りに聞こえると、驚嘆の声が上がる。手作りのため1枚9万8700円(税込み)と高いが、開発者で発売元のN&Fレーベルの録音家、福井末憲さん(60)は「孫子の代まで大事にするCDを作りたかった」と普及に期待している。

 福井さんは、録音信号のチェックに使われていたガラスの優れた物理特性に着目。トエミ・メディア・ソリューションズ社の技術者、池田貢課長(52)とともに約10年かけて音楽用を開発した。

 CDは盤に張られた情報をレーザーで読み取って音にするが、現在のプラスチックの盤は透明度が完全ではないため読み取りも不完全。また日光や高温でもわずかに曲がり、音質が劣化する。これに対し、ガラスCDは完全に透き通っており、温度や湿度変化を全く受けないため、いつまでも同じ状態で聞ける。

 同レーベルはバッハ「G線上のアリア」などの録音を入れた第1弾を売り出したが、予約販売で入手まで約1カ月かかる。

 音楽評論家の諸石幸生さんは「数が増えれば価格も下がるだろうし、オーディオ・メディアが様変わりする可能性がある」と話す。東京・秋葉原の石丸電気や渋谷のタワーレコードで近く試聴も始まる。
posted by たくあん at 20:14| 東京 🌁| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

くぅ〜(>_<)

061017RD-X5.jpg

もう10日以上前から使ってるレコーダー(RD−X5)が
固まったまま動かなくなっていたので修理に来てもらった。

固まった画面を見つめ「うーん」と唸っている。
「これはHDDの問題かもしれない。交換になってしまうかも」

マジに!?それじゃ中身が全部パー!?(>_<)

とりあえず交換してみて動けばHDDの問題だって事でやってみると
無事に動きました〜♪
中身は全部パーです。。。(>_<)

映画や世界遺産、格闘技、アニメ、ドラマと色々入ってたんだけど
これでもう見る事出来ないなぁ〜

保証期間、数日前に切れてたんだけどおまけしてもらったし
とりあえず良かったとしておくか。。。
本当なら2万円かかるらしいし。


これからはRAMにバックアップとるようにしないとダメだね。


写真はバラしてる最中、車へHDDを取りに行ってるトコを撮影したもの
posted by たくあん at 22:05| 東京 ☀| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

Into The Groove

ANGEL.jpg


久しぶりにCDを買ってみた。
もう置く場所に困ったりしてたので極力買わないようにしていたのだ。

でも、先日偶然にも以前から欲しかったCDが存在する事を知り
早速アマゾンで注文して今日届いた。
(これはアメリカ発売の輸入盤)

マドンナの『Into The Groove』と言う歌がずっと大好きで
オリジナルバージョンのCDが欲しかったのだが見つからず
もう諦めていたのだ。

1曲目の『Angel』は発売当時12インチシングルとして発売され
これもこのCDでしか聴く事が出来ないバージョンらしい。
当時、12インチシングルが流行っていて
マドンナは12インチ版として多くの歌を発表していた。
(当時のレコード界を知らないと全然理解出来ない話だね)

わくわくしながら聴いてみたがちょっと残念な事に音が悪い。
違うバージョンのベスト盤に入ってる歌とはあまりにも違いすぎる。
以前、スターデジオで録音した物の方が良い感じだ。
これではちょっと悲しすぎる(>_<)

いつかデジタルリマスタリングして再発売してくれないかなぁ〜
発売したら絶対買うのに♪


来月は待ちに待ったあるアーチストのCDが発売される。
(もしかしたら遅れる事になりそうだけど)
シングル33枚組で3万円との事。
これは発売されたら絶対買う!
あまり大きく場所をとらなければ良いんだけどなぁ〜
posted by たくあん at 00:32| 東京 ☔| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

YouTubeの動画をiTunesにダウンロードする

今夜の練習は先日あるお人に教わった通り
1投目で10番ピンを狙い2投目でポケットを狙う。
そうすれば2回も投げる事が出来るし効率が良い。
そんな風に練習してました。
中々良い10番ピンを倒す練習が出来たかも。。。

さすがに3G目は普通に投げたくなり
「次は本気を出すよ」と宣言して投げたら201。
本番でもこううまく行けば良いんだけどなぁ〜
2度のミスがあったんでまだまだダメだけどね。


さて、タイトルのYouTubeですが皆さんご存じの通り、
ここではもう何でも映像を取得出来そうな感じですよね。
でも、いつまでアップされてるかわからない!

そこで自分のPCに保存出来れば便利だと思った事はないでしょうか?
実は簡単に出来るソフトがあるんです。
(今までも出来たけどちょっと面倒だった)

http://blog.livedoor.jp/tkfire85/archives/50547136.html

方法は↑のリンク先に詳しく載っています。
と言うかこれ見れば誰でも簡単に出来るかも。
iPodに転送する事も可能のようです。。。

とりあえず自己責任って事でお願いしますね(^^ゞ
posted by たくあん at 00:49| 東京 ☔| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

部屋から追い出されたAV機器たち

060826a.jpg

060826b.jpg

僕の部屋は何故か暑い。
「AV機器がありすぎるからだ」と言われ続けてるけど
実際そうなんだと思う(^^ゞ

電源入れてなくても待機電力ってのかな?
電源は常にコンセントにさしたままだし、多少の熱は発してるはず。

もう殆ど出番の無いビデオデッキ2台(Hi-8とS-VHS)を
やっと部屋から追い出す事にした。
まだ1台は残ってるけどね。

配線も少しはすっきりしたし気持ち室温も下がったかな?

しかし、勿体ないなぁ〜
この2台とも定価で20万円位した代物だったんだけどなぁ〜
時代の流れで必要なくなるんだもんね。

ちなみに残ったビデオデッキは1990年発売の物。
この頃の製品はしっかりしてるので何度も修理しながら
大切に使っています。

次に追い出されるのはどれだろう?


上:今年になって追い出したAV機器たち
  上:KENWOOD KX-1100G(カセットデッキ)
  中:SONY EV-NS9000(Hi8デッキ)
  下:PIONEER CLD-770(LDプレーヤー)

下:今日部屋から追い出したビデオデッキたち
  上:SONY EV-BS3000(Hi8デッキ)
  下:VICTOR HR-X7(S-VHSデッキ)
posted by たくあん at 17:44| 東京 ☁| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

レコーダー修理

060816RD-X5.jpg

HDD+DVDレコーダーは2台体制だけど
1台はずーっと調子悪かった。
6月の日記にも書いたけどDVD−Rに焼けないのだ(>_<)
もちろん僕に落ち度はない(笑)

仕方無くメインでは無い機種にRAMでコピーして〜
なんて言う使い方をずっとしていた。
だからとーっても時間がかかりかなり面倒だった。

今回、夏休みで平日自宅に居るのでメーカーさんに来てもらった。
予想通りドライブの交換するだけで完了。
試し焼きしても問題なし♪


いつもこんな時は、修理作業しながら色々業界の話しを聞くのが楽しい。
今回も色々裏話を聞かせてもらった。
「やっぱりね〜」と思う事ばかりだけど再確認出来て良かったかな。

それに、土日でも修理サービスはやってるとの事。
それならもっと早く頼めば良かったな〜(>_<)

休みを取れるのはお正月だけと言ってたけど大変だね〜
ありがとう&お疲れさまでしたm(_" _)m

ちなみに僕が使っている機種は東芝RD−X5
アナログ仕様としては最後の買い物になると思うから
これからも大事に使っていきたいな。

posted by たくあん at 11:56| 東京 🌁| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

新たなAV機器導入

と言ってもCATVのデジタル対応STB(Set Top Box)。

ある事情から今日工事に決まっていたんだけど中々来ないで
結局来たのは5時過ぎ。。。
つい最近他でもこんな事書いてたな(^^ゞ

で、CATVの工事担当の人が来て話しをしてびっくり。
何もする事が無いらしいとの事。

先日、CATVの担当者は家の中の同軸ケーブルを全部交換しないと
デジタル放送の双方向のサービスは受けれないと
長々と写真を見せながら説明に来ていたのです。
その時にウチの状況は全て説明済み。
じゃぁと言う事で今日工事になり、僕は仕事を休んでいました。

ところが工事担当の人が来てみればデジタル対応のSTBはあるし
(もちろん1台契約してある事は言ってあった)
同軸ケーブルもデジタル対応済み。
「一体何をすれば良いの?」状態でした。

僕「ケーブル交換するんじゃないの?」
工「今のままで全然問題有りませんよ」
僕「え?そうなの?それに他の部屋にも色々配線してくれるって話しで・・・
  その為に仕事休んだのに〜」
工「え?そうなんですか?ちょっとお待ち下さい」

僕が仕事を休んだのに何もする事が無いって事に
かなり恐縮したらしい。

工事担当者は電話で営業を呼びつけ
営業担当者が謝罪にかけつけてきました。

再び話しをしてみると他でも色々話しが食い違っている。
先日来てた担当者は一体何を現場に伝えたんだ?
あんな1時間程長々と話しをしてたのに。。。
ま、あの人の言う事は要点がイマイチ掴めなかったしなぁ。


結局、お詫びの意味も入っていたのか、僕の部屋にもケーブルを引き、
僕の要望通りブースター付きで3分配にしてくれ
無料でデジタルSTBを設置してくれました(^^ゞ
工事担当の人もやる事出来たし、ちょうど良かったんじゃないかな(笑)

デジタル放送ってのは面倒だね〜コピーワンスかかってるし(-_-メ)
これで画像安定装置の出番が増えるな♪


しかし、これでもう限界だわ。
いい加減AV機器も多すぎて置くトコが無い(^^ゞ
と言うか配線が物凄いことになってる。。。
早くビデオデッキだけでも処分しなくては。
posted by たくあん at 21:14| 東京 ☁| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

エラー

最近、DVDレコーダーで書き込みエラーが連発するようになってきた。
一体何故???

エラーが出るようになったのは先週の日曜日から。
毎日書き込みしてるわけじゃないけど、
この土日だけでもう5,6枚は失敗してる。
今まで問題無かったメディアなんだけどな。

これじゃ勿体ないなぁ〜(×_×)
レンズクリーナーをまだ使ってなかったし明日買ってみようかな。
これでダメなようなら修理か?
これ持っていかれるとつらいんだよなぁ〜
あ、HDD内のバックアップも全然とってないや。

posted by たくあん at 22:55| 東京 ☁| 音楽・映画・AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。