2007年06月28日

古代女王のミイラ特定 ツタンカーメン以来の発見

APX20070627ハトシェプスト.jpg 

 エジプト文化省は27日、古代エジプトのハトシェプスト女王(在位・紀元前1503年〜1482年ごろ)のミイラを特定したと発表した。同女王は栄華を極めた第18王朝の統治者で、記者会見したエジプト考古最高評議会のザヒ・ハワス事務局長は「(1922年発見の)ツタンカーメン王以来の重要な発見だ」としている。
 ハトシェプスト女王は男性の衣装を着て、幼かった王に代わって自らファラオ(王)として君臨したことで知られる。外国との交易に力を入れて繁栄させたと言われ、南部ルクソールには壮大な葬祭殿が残る。
 ミイラは、1903年に英国の考古学者ハワード・カーター氏らがルクソールの「王家の谷」で発見した2体の女性ミイラのうちの1体。ハワス氏らのチームが1年間かけてCTスキャンや、すでに特定されている父親のトトメス1世ら親族と比較するためのDNA鑑定を実施した。
 50代の太りぎみの女性だったとみられる。DNA鑑定の最終結果はまだだが、見つかった歯の特徴などから女王のミイラと特定。握りしめた左手を胸の上に乗せているのも、女王であることを示唆しているという。



わくわくするニュースだね。
またエジプト行きたーい
posted by たくあん at 00:04| 東京 ☀| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

カタツムリ

060616katatumuri.jpg

小学生の頃、通学路には今の時期になると
たくさんのカタツムリがいるブロック塀があった。
カタツムリだらけでハタから見れば気持ち悪かったかもしれないけど
僕は虫が大好きだったのでそこを通るのがとても好きだった。
でも、ある時ネットフェンスに変わってしまってから
ばったりといなくなってしまった。

その頃何故だか理由はわからないままだったけど
数年前、偶然テレビで理由がわかった。

カタツムリはブロック塀と食べると言う事だった。

カタツムリの殻の成分はカルシウム。
ブロック塀の石灰が殻を成長させる為に役立つらしい。
ブロック塀の上を動きながら実は塀を食べていたのだ。
これには驚いたし長年の疑問が解けた事に感激した。

ネットフェンスだとカルシウムを摂る事が出来ないから
きっとどこか他の場所へ移動してしまったんだと思う。


そんなカタツムリは雌雄同体と言う事は有名だけど実は交尾もする。
お互いに精子を出して受精もするので2匹とも産卵するのだ。
ちょっと不思議な感覚だ。


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


80年代、食用として輸入されたタニシが大して売れなくて
そのまま自然に放してしまった事がありました。
そのタニシには寄生虫(広東住血線虫)がついていたらしく
現在では普通に居るカタツムリにまで伝染したと聞きます。
以前聞いた話によれば2匹に1匹は寄生されてるとか。。。

可愛くて、つい触ってしまいたくなりまが触るのはやめておきましょう。
もし触ってしまったら、しっかり手洗いする事をお忘れなく。。。


※写真は今朝、雨の中の通勤途中で見つけたカタツムリ
posted by たくあん at 23:26| 東京 ☁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

世界遺産 ナスカ展 地上絵の創造者たち

今日は暇な時間があったので上野の国立科学博物館へ見に行ってきた。
ずっと行こう行こうと思いつつ中々行けなかったのだ。

やっと行ってみると現地はもう行列。
1時間待ちとの事。
でも、次となるといつ来れるかわからないし、もうすぐ終ってしまうし
結局は並ぶしかない。

ナスカと言えば地上絵。
で、疑問に思ったんだけど一体何を見せてくれるんだろ?
地上絵なんて無理だもんね〜(笑)
1時間並んで入ってみるとそこもまた大勢の人だかり。。。(ー'`ー;)

展示してあるものはメインが土器だった。
様々なデザインの器が展示されていた。
しかもそのデザインが可愛い(*^-^*)

以前、友達に言われて気付いたけど「さくらももも」の絵に
どこか共通するものを感じる。
ちなみに僕は「さくらももも」が好き♪

またミイラも展示してあった。
そのミイラは珍しい事に瞳が残っていて(冷凍〜乾燥した為と予想される)
初めてミイラと目が合ってしまった(^^ゞ

面白い展示としてナスカの地面をそのまま持ってきていて、
強化ガラスで上を囲ってその上を歩ける疑似体験(笑)

そして1番のメインはバーチャルシアター。
上空からの地上絵を見れる映像を楽しむ事が出来る。

自分で操作するコーナーもあったけど、そこはゲーセンみたく子供達が占領していた。
あのコントローラーは懐かしいファミコンのモノにそっくりだ。

最後にお土産コーナー。
何でも有りの面白いお土産に、ナスカ金太郎飴やナスカ饅頭もあった(笑)
さすがに笑ってしまいそうだけど誰か買った人はいるのかな?

posted by たくあん at 23:13| 東京 ☁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

英国防省、E.T.の存在を否定「UFOは錯覚」

【ロンドン=蔭山実】未確認飛行物体(UFO)の目撃証言をめぐり、英国防省が4年間をかけた調査の結果、「地球外生命の存在を裏付ける証拠はなかった」とする極秘報告書を2000年に作成していたことが7日、判明した。情報公開法によって、英大学の教授がその内容をBBCテレビなどに明らかにした。

 国防省の極秘報告書は「英国における未確認飛行現象」とタイトルで、全400ページに及び、表紙には「極秘」のスタンプが押されている。
 公開にあたってもごく少数の複写だけが認められ、作成者の氏名はなお明らかにされていないという。

 報告書は数々のUFO目撃証言を調査した結果から、「自然界の物理的な力以外に敵対するような現象が存在する証拠はみられない。危険を引き起こすような確たる物体が存在しているという証拠もなかった」とし、UFO目撃は自然現象による錯覚だと結論づけている。
 
 地球外生命の存在に関心を持つ多くのUFOファンには不満が残る結果となったが、国防省報道官は「UFOが実際に存在することを示す証拠は不十分との結論に至った。新たな証拠が出ない限り、これ以上の調査は難しい」と話している。


http://www.sankei.co.jp/news/060508/kok045.htm


何故アメリカでなくイギリスが発表するんだろ?

たしか、ロズウェル50周年の時にUFO研究家が色々調べたんだけど
何も出てこなかったので結局存在してないって事が定説になってるんだよねぇ
でも、僕はどこか信じてるんだよなぁ〜(^^ゞ

posted by たくあん at 00:01| 東京 🌁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

歴史を覆す大発見!イエス・キリストの最後の言葉

shahon.jpg

 米国ナショナル ジオグラフィック協会は、エジプトの砂漠で見つかった約1700年前のパピルス文書を修復・翻訳したところ、この文書はキリスト教の黎明期に教会から異端とされた幻の書『ユダの福音書』の、現存する唯一の写本であることが判明したと発表した。修復した写本の一部は4月6日、米国ワシントンD.C.のナショナル ジオグラフィック協会本部で世界初公開された。
このパピルス文書では、2000年にわたって裏切り者とされてきた、イエス・キリストの弟子「イスカリオテのユダ」が、実はキリスト教の真の教えを正しく理解した一番弟子として描かれている。
「イスカリオテのユダ」は、イエスに選ばれた弟子の一人でありながら、銀貨30枚と引き換えにイエスを裏切り、接吻を合図にイエスを敵の手に引き渡したとされ、その名は今も「裏切り者」の代名詞となっている。しかし、今回の『ユダの福音書』に描かれたユダ像は、従来とはまるで違ったものだった。


http://www.nikkeibp.co.jp/news/life06q2/501112/
http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/tanoshimu/nng_060407.html

この発見で今までの伝承が変わってしまう?
いや、きっと変わらないだろうな〜

posted by たくあん at 12:35| 東京 ☁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

冬眠制御たんぱく質発見

 冬眠を制御するたんぱく質の存在を、三菱化学生命科学研究所の近藤宣昭・主任研究員らがシマリスを使って突き止めた。
 冬眠中は、体の防御機能が高まるだけに、人への応用の道が開ければ、新しい病気の予防法や治療法の開発につながるとしている。7日付の米科学誌セルに発表する。
 近藤主任研究員らは、シマリスの肝臓で作られる特定のたんぱく質の血液中の濃度が、ほぼ1年周期で変動することを発見。さらに、このたんぱく質の血中濃度が、冬眠期には減少する一方で、脳内では逆に上昇することを確認し、冬眠特異的たんぱく質複合体と名づけた。
 冬眠中のシマリスでも、脳内でこのたんぱく質の働きを抑えると、冬眠が停止したという。
 冬眠は、寒冷期に体温を下げて、エネルギー消費を抑える生物現象。その期間中は、体の防御機能が高まり、通常時よりも血液循環が少なくても、脳や心臓が損傷を受けないほか、感染症に対する抵抗力も増すことが知られている。
 近藤主任研究員は「全く新しい病気の予防法、治療法に道を開く可能性がある」としている。


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060406i406.htm

人間を冷凍保存じゃなくても冬眠出来れば未来へ行けるかもね。
と言うか今の段階では生きたまま冷凍保存はやっちゃまずいけど。。。
そしてこの技術使えば火星に人を送りこむ事も可能かもね♪

posted by たくあん at 01:40| 東京 ☁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

王家の谷で墓発見・ツタンカーメン以来

20060210NN.jpg

 エジプト考古庁当局者は9日、南部ルクソールの「王家の谷」で米メンフィス大学の考古学チームが未盗掘の新たな墓を発見したことを明らかにした。王家の谷では約60基の墓が知られているが、新たな墓の発見は1922年のツタンカーメン王墓以来という。
 規模などから王の墓ではないとみられているが、誰のものかは不明。ツタンカーメン王墓から10メートルほどしか離れておらず、ツタンカーメンと同じ古代エジプト第18王朝の墓とみられる。
 墓からは第18王朝のファラオ(王)、トトメス三世の刻印の破片や、彩色されたマスクが付いた木製の棺が五つ見つかった。これまでに一つの棺を開け、中にミイラがあるのを確認。封印された陶器のつぼも約20個見つかった。
 墓は第19王朝時代の作業小屋などのがれきに埋もれていたという。
 王家の谷はナイル川左岸の岩山に掘られたエジプト新王国時代の岩窟墳墓群。一部が観光客に公開されている。



http://www.nikkei.co.jp/news/past/photo24/honbun.cfm?i=NN003Y220%2009022006&g=IM&d=20060210

わくわくさせてくれるニュースです。
どっかテレビで特集してくれないかなぁ〜

エジプト行った時、1番感動したのが王家の谷。
たしか3つ程入ったけど中の壁画がとても綺麗で綺麗で。。。
あーもう一度行ってみたい。。。
posted by たくあん at 18:58| 東京 ☁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

古代エジプト展(大丸デパート)

egypt_380s.gif


ずっと以前に前売り券だけ買って中々行けなかったエジプト展に行ってきた。
今回は東京・大丸デパート内で開催。
初めて入ったのだけど結構迷った(^^ゞ
エスカレーターは最上階まで続いてないし。。。(-_-メ)

ここへ来る前に日本橋付近を散策して色々建物を見ていたけど
やっぱりエジプト遺跡はいいよね〜
こういうの見てるとやっぱり再び行きたくなってくる。

でも、いつもの事だけどデパートの中でやってるものは規模が小さすぎる。
当たり前だけどね。
しかし、最近流行りのガイドは吉村作治先生の声で収録されていた。
展示品は少ないけど吉村先生効果で少し盛り上げてたのかな?

それにしてもこういうトコで売ってるDVDは高すぎる。
たしかに他じゃ中々見れない映像みたいだけど25巻セットで19万は高い。
さすがにあれじゃ買えないわ(T_T)

来月は東京都美術館で開催してるエジプト展にツアー仲間と一緒に行く予定。
これはまた久しぶりに会えるし色々な話が聞けるので楽しみにしてる。

posted by たくあん at 22:38| 東京 🌁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

ナナフシ

nanafushi.jpg

先日、仕事先で偶然発見したナナフシ。
今まで写真や昆虫展でしか見た事なかったので結構嬉しい♪

手に乗せようとしたら簡単に乗ってくるし、
腕を上って頭を越え反対側まで来たりしていた。
うーん・・・なんて人なつこいんだ(*^_^*)

とりあえず気持ち悪がる人も居ると思うので小さく写真を載せた。
もちろんクリックすれば大きくなるので興味ある人はどうぞ(笑)

ちなみにこの時はアシナガバチが周りをブンブン飛び回っていた。
何でだろう?と思っていたら僕が巣を蹴っ飛ばして壊しかけていた。。。
危ねぇ〜(^^ゞ

posted by たくあん at 00:09| 東京 🌁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

赤レンガ275号棟

275goutou.jpg

元陸軍東京第一造兵廠275棟(通称275号棟)が図書館として
利用される事になったと朝日新聞の記事になっていた。

http://mytown.asahi.com/tokyo/news01.asp?c=15&kiji=51

以前、見学に行った時は測量屋さんが杭を打っていたので無くなってしまうと思ったけど
しっかり残される事が決定して嬉しく思う。
ここには以前、たくさんのレンガ造りの建物があったようだが自衛隊用地にあり
全て解体されてしまったのだ。
しかし、この275号棟だけは北区が買収した用地に入り当時のまま残っていたのだ。

どんな図書館として利用されるのか楽しみにしている。

↓はここに関連する写真を載せたHPです。
http://www.ne.jp/asahi/angel/takuan/war-kita.htm
http://www.ne.jp/asahi/angel/takuan/war-kita02.htm
http://www.ne.jp/asahi/angel/takuan/akarenga275.htm
http://www.ne.jp/asahi/angel/takuan/kitaku_chuo-ko-en_bunka_center.htm

posted by たくあん at 01:07| 東京 🌁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

2つの頭持つヘビ見つかる 

snake.jpg

 埼玉県寄居町桜沢の大谷進さん方の庭で17日、二つの頭を持つ珍しいヘビが見つかった。
 体長約30センチのアオダイショウの幼蛇。日本蛇族学術研究所(群馬県太田市)によると、一卵性双生児が発生段階で完全に分離しないまま成長した奇形とみられ、非常に珍しい例という。


http://www.asahi.com/national/update/0617/TKY200506170314.html

凄いね〜八又の大蛇なんてのは聞いた事あるけど(神話)これは2又の蛇か〜
環境の影響で・・・って事じゃなければいいけどね。
どんな動きするのか見てみたいな〜
posted by たくあん at 08:47| 東京 🌁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

アリの「こっつんこ」に意味 触角センサーで敵識別

 アリさんとアリさんが「こっつんこ」をして、同じ巣(コロニー)の仲間と侵入者を区別するメカニズムを、京都工芸繊維大学と福岡大学の研究グループが突き止めた。触角にある“化学センサー”で、アリの体から出る化合物を識別しているという。九日付の米科学誌「サイエンス」(電子版)に発表した。

http://www.sankei.co.jp/news/050610/morning/10iti002.htm


続きを読む
posted by たくあん at 11:50| 東京 🌁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

トルコの遺跡、世界最古の鋼 紀元前19世紀

http://www.asahi.com/culture/update/0511/013.html?t

 中近東文化センター(東京都三鷹市)が調査を進めるトルコのカマン・カレホユック遺跡で出土した鉄片が、アッシリア植民地時代の紀元前19世紀ごろの鋼(はがね)であることがわかった。鉄に手を加えて強度を高めた鋼は、鉄と軽戦車で西アジアを席巻したヒッタイト帝国時代の前13世紀ごろのものが最古とされてきた。起源が600年ほどさかのぼり、ヒッタイト帝国に先立って技術が開発されていたことになる。

続きを読む
posted by たくあん at 22:21| 東京 ☀| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツタンカーメン王の顔を再現

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/gakugei/news/20050511k0000e040071000c.html
http://www.asahi.com/culture/update/0511/020.html

 エジプト考古庁最高評議会は10日、黄金のマスクで知られる古代エジプト第18王朝の少年王、ツタンカーメンの顔を再現した模型を公開した。CTスキャンによるミイラの解析を基に、目鼻立ちがはっきりした若者の顔が、約3300年の時を経て浮かび上がった。


有名な人に似てると書いてあるけど一体誰だろう???



続きを読む
posted by たくあん at 21:43| 東京 ☀| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

国立科学博物館:大学生は入館無料! 単位認定も検討

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050508k0000m040103000c.html

 国立科学博物館(東京都台東区)は、大学生の無料入館制度をつくった。会員大学の学生が対象で、博物館での活動を単位として認定する制度も検討している。科学への関心が若い世代で薄れていることを受け、来館者の増加と科学分野の人材養成を狙う。
 年会費を払い込んだ大学の学生・大学院生が学生証を提示すれば、常設展示の入館料500円が無料になる。年会費は、学生数に応じて40万〜80万円。東京大、東京農工大など複数の大学が前向きだという。
 同館には昨年11月、展示方法を一新した新館がオープン。上野公園の一角という地の利もあり、デートの若者など新しい利用者が増えている。同館は「無料制度で、科学と縁のなかった大学生が足を運ぶようになり、口コミで博物館の良さを伝えてくれれば、利用者はもっと広がる」と見る。



元々ここは500円とかなり安い割には出来が良い施設だと思う。
先日、新しく出来て初めて入ったけど見応えあるものばかりで感心したばかり。
それぞれのフロアには案内係の人もいるようだ。
僕が行った時は中学生の修学旅行生ばかりで案内の人がしっかり解説してあげていた。

ちなみに新しいATMやエアコン等の仕組みは誰も興味がなかったらしく(誰も居ない)
そこの担当者も暇そうで一生懸命僕に説明をしてました(笑)


こういう事にはお金使ってくれても文句はないんだけどな〜( ̄o ̄;)ボソッ


posted by たくあん at 14:01| 東京 🌁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しっぽ付き卵

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050508k0000m040033000c.html 
 
 茨城県総和町の茶園経営、吉田正之さん(62)方で、飼育している鶏が変わった卵を二つ産み、近所の話題になっている。
 普通の大きさの有精卵だが、長さ約5センチの“しっぽ”付き。22羽のうちの1羽が5〜6日に産んだらしい。吉田さんも「子どものころから鶏を飼っているが、こんな形は見たことがない」と不思議そうな顔。



不思議大好き人間にとってこういう話題って何だか嬉しい(*^_^*)
posted by たくあん at 13:51| 東京 🌁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

新種の恐竜化石を発見

http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/science/news/20050505k0000m040150000c.html

 米ユタ州の白亜紀前期(約1億2500万年前)の地層から、新種の恐竜化石が見つかり、米ユタ地質学調査所などの研究チームが5日付の英科学誌「ネイチャー」に発表した。テリジノサウルス類の仲間で、歯や骨盤の特徴から草食性だった可能性が高く、研究チームは「テリジノサウルス類は肉食恐竜とされてきたが、この新種恐竜は肉食から草食へ進化する途中の存在だったようだ」と分析している。

続きを読む
posted by たくあん at 01:46| 東京 ☁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

「最も美しいミイラ」、エジプトで発掘

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050505k0000m030036000c.html

 エジプト考古庁最高評議会のザヒ・ハワス長官は3日、階段型ピラミッドで知られる同国北部サッカラ遺跡で、同国の発掘チームが発見したミイラが「過去にエジプトで発見されたミイラの中で、最も美しいものである可能性がある」と発表した。AP通信が伝えた。

ミイラが綺麗と言うか木棺が綺麗なんだよね?まだ中身見てないようだし。
イマイチわからないけど。。。
でも、かなりの大発見らしいし、今後の調査に期待したいな〜(*^_^*)
posted by たくあん at 12:17| 東京 ☀| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

ベルリンの至宝展

今日は再び上野へ。
国立博物館で開催されているベルリンの至宝展を観に行くためだ。
途中、凄い行列。。。恐竜博2005の入場者達だ。
やっぱり恐竜博は平日に来て良かったわ〜最後尾で50分待ちとプラカードが出てる。

さて、東京国立博物館へ到着。ここへ来るのは5年前のエジプト展以来だ。
今年は日本におけるドイツ年との事で開催されているようだ。
しかもドイツで博物館を新しくするとの事で普通は海外へ出ない貴重なモノまで
見る事ができる。

今までこうした○○展には何度も行った事はあったけど今回初めて音声ガイドを借りた。
使ってみての感想は「凄くわかりやすいわ〜」
しっかり解説してくれるので聞きながらじっくり見る事が出来る。
子供用には鶴田真由がガイドを担当している。これも聞いてみたかったな(^_^;)

エジプトの出土品を見たいがために来たのだがラファエロやボッティチェリの絵もあり
普通では見る事の出来ない物が多数に見れたので満足できた。

ついでに表慶館の写真を撮り(中を見る事が出来なかったのが残念)、法隆寺宝物館では飛鳥時代の国宝や重要文化財もたくさん見る事が出来た。
この法隆寺宝物館には資料室があり、PCや本で自由に資料を見る事が出来るようになっていた。日頃、ここでは税金の無駄遣いについてよく書いていたけどこういった事にお金を使ってくれるのは嬉しい。

じっくり見学した後は又別の目的地へ向かった・・・。





posted by たくあん at 23:38| 東京 🌁| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

恐竜博に行ってきた

スー.jpg

28日はお休みだったので上野の国立科学博物館でやっている恐竜博2005に行ってきた。
今回の目玉はなんといってもティラノサウルスの「スー」だ。
全身の90%が見つかり10億円でシカゴ博物館が落札した事で有名になったもの。
(普通、大きな恐竜の場合は1度に全身の骨格が見つかる事はあまりない)

今回の副題は「恐竜から鳥への進化」
鳥の祖先が恐竜だと言うのは最近ではもう定説。
骨格や骨の構造みが似ているのだ。
今回は始祖鳥など鳥の祖先の化石も並べられている。

続きを読む
posted by たくあん at 11:33| 東京 ☀| サイエンス・文化・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。